松元 馨(まつもと かおる)

1982年生まれ、千葉県松戸市出身。「子育てをしているお母さんたちの手伝いがしたい」という思いから、大学では保育・子育て支援を専攻。卒業後、新宿区立の保育園に勤務する。

友人の結婚式をきっかけに、ウェディング撮影の魅力に目覚める。アマチュアとして撮影を重ねつつも、いつまでも趣味の域を脱しない写真の質に、段々と嫌気が差してくる。

保育の仕事に一度区切りをつけ、結婚式専門の撮影集団である島内浩一郎写真事務所に入社。在籍するフォトグラファーの写真に度肝を抜かれながら、提携ホテルを中心に撮影経験を積む。

写真事務所を退社後、フリーランスの持ち込みカメラマンとして結婚式撮影を開始すると同時に、保育の仕事も再開する。現在、平日は保育士、週末はウェディングフォトグラファーとして活動中。

ちなみに、私の名前である馨(かおる)という言葉には、「声や香り、人の良い影響が遠くにまで伝わる」という意味があります。お渡しする写真がそんな価値をもつものになってほしいという願いをこめて、このサイトを『馨る写真』と名づけました。