褒めるとは、子どもに「あなたの姿を見ていたよ」と伝えること

2足の子どもの靴

子どもを褒めて伸ばしましょう。
そんな話を一度は耳にしたことがありますよね。

でも、具体的にどんな言葉を子どもにかけたらいいのかわからない。
そんな人にオススメしたいのが、あなたが目にした子どもの行為を、そのまま言葉にしてあげる方法です。
例えば、
「靴を一つ履けたね。」
「車のおもちゃ、お片付けできたね。」
というように。

 

子どもの行為を言葉にする、ただそれだけ。
これなら簡単にできる気がしませんか?

ぜひやってみてください。

 

やってみるうちに、実際はそれがとても難しいことであると気づくはずです。

これ、子どものことをよく見ていないとできないんです。

靴を自分で履いたのか、他の人に手伝ってもらったのか。
おもちゃを自分のものだけ片付けたのか、他の子が使っていたものも片付けたのか。

子どもを褒めるというのは、一つの結果を切り取って評価することではなくて、そこに到るまでの子どもの姿を「私(大人)は見ていたよ」と知らせることだと思うんです。

頑張っているところを大好きなお母さん(先生)が見ていてくれる。
認めてくれる。
だからまた頑張ろうと思える。

 

子どもをじーっと見続けていると、揺れ動く気持ちに気づくことがあります。

2つの靴を前にした子どもが「むずかしそうだな、でも自分で履いてみようかな」と葛藤しながらも手を伸ばす。

苦労してようやく片方だけ履けた。
でもそこで、「靴を履くのって大変だな、ママに手伝ってほしいな」と考える。

そんな子に、あなたならどんな言葉をかけますか?

ある人は、「靴を一つ履けたね。」と言う。
またある人は、「靴を一つしか履けなかったね。」と言う。