「せんせい、これ読んで」に隠れた子どもの気持ち

絵本を読む男の子とお母さんを見つめるお父さん

「これ読んで」と絵本を手に、大人の膝の上にちょこんと座る子ども。
なのに、いざお話が始まると全然聞いていない。

一応最後まで読み進めて本を閉じると、子どもは「もう一回!」という。

そんなときに、「えー、今全然見てなかったじゃん!」って、子どもに突っ込んだことはありませんか?
僕も保育中に何度かやったことがあります。

今思うと、こちらの労力に対する見返りを子どもに求めていたんです。
「あなたのために長いお話を読んであげるんだから、ちゃんと聞いてよ」って。

 

お母さんに絵本を読んでもらう男の子

 

子どもの「これ読んで」という訴えには、どんな気持ちが含まれているのでしょうか。

そこにあるのは、必ずしも「絵本を楽しみたい」という動機だけではないと思うんです。

「お母さんや先生の膝の上に座りたい、肌に触れたい」
そんな気持ちが「これ読んで」の言葉になることもある。

大好きな人の膝の上に座り、頭上からやわらかい声が降ってくる。
あの場所は、きっと居心地がいい場所なんでしょうね。

 

赤ちゃんの頃には当たり前だった抱っこという行為は、子どもが大きくなるにつれて段々と減っていきます。
子どもなりにプライドが芽生えて、赤ちゃん扱いされることを恥ずかしいと思うようになる。
保育園では4、5歳にもなると、本当は抱っこしてほしくても「せんせい、抱っこして」とは中々言えません。

「抱っこして」とは言えないけど、「これ読んで」なら言える。

先生に抱っこしてもらったら「赤ちゃんみたい。」って周りのみんなに笑われる。
でも、先生の膝の上で絵本を読んでもらうときには、きっと誰も笑わないから。