指輪を落としたリングガールの気持ちを考えたことがありますか?

「およめさんのおてつだいをするんだよ」とママにいわれた。
だいじなゆびわをはこぶのが、わたしのおしごと。
れんしゅうしたけど、ドキドキする。

けっこんしきが、はじまった。

みんな、わたしをみてる。
しらないおにいさん、おねえさんがいっぱい。
カメラもいっぱい。

ママはどこ?
おかおがみえない。

そのとき、ゆびわをおとした。

わたしをみて、みんながわらった。

ドレスのおねえちゃんのだいじなゆびわ。

いそいでひろおうとするわたしをみて、みんながまたわらった。

フラワーガール、リングボーイなどの手伝いを、子どもにお願いしようと考えている花嫁さんへ。
ウェディングフォトグラファーではなく、保育士としてお願いをします。

「もしうまくいかなくても、場が和むから大丈夫」なんて言わないでください。

大人の心が和むそのとき、「みんなに笑われた」と傷ついている小さな人がいることを知ってください。

子どもは「かわいらしい特別な生き物」ではありません。
あなたと同じ「人」です。

大人と同じように、プライドがあります。
大人と同じように、失敗したら「どうしよう」と不安になります。
大人と同じように、失敗を笑われたら恥ずかしさで顔が熱くなります。

そしてその日が、嫌な思い出としてずっと胸の中に残ります。

もしお手伝いをお願いするのなら、子どもの不安を少しでもやわらげるために、できることをやってあげてください。

1. 挙式本番中のチャペルの写真を見せて、「ここを歩いて、前にいるおじさんに指輪を渡すんだよ」と事前にイメージをさせてあげてください。当日にリハーサルの時間もありますが、そこにゲストの姿はありません。本番と同じ状況を、前もって子どもに知らせてあげてください。

2. バージンロードを歩く子どもの位置から見て、お母さんがどこにいるのかを知らせてあげてください。子どもが不安そうなら、常に顔が見える場所(バージンロード先の目的地など)にいてもらってください。

3. 本番中も含め、「やらないという選択肢」も与えてあげてください。そのときに、代わりの役割をどうするかを考えておいてください。