意外と撮り忘れる「家族だけでの写真」は、結婚式のどのタイミングで撮る?

家族写真撮影中に吹き出す新郎新婦と家族

こんにちは、ウェディングフォトグラファーの松元 馨(かおる)です。

「挙式・披露宴の写真も、ゲストとの写真もたっぷり撮った!」
そう安心して、後日写真を見返したときに気づくのが、家族写真の撮り忘れです。

プログラムが次々と進んでいく結婚式の中で、家族写真を撮ることのできるタイミングは意外と限られています。

そこで今回は、「結婚式の一日の中で家族写真を撮れるタイミング」を見ていきましょう。

家族写真と親族集合写真は別物

まず最初に、結婚式の一日に行われる様々な記念写真の違いを確認しておきましょう。

ルシェルブラン表参道での親族集合写真

こちらは親族集合写真。両家の親族全員で撮影する記念写真です。挙式前後に撮影することが多いです。

アッザレーアのロビーで記念撮影をする新郎新婦と両家両親

こちらは「新郎新婦+両家ご両親」での記念写真。ほとんどの式場で、披露宴おひらき後に撮影しています。

ホテルニューオータニのロビーで記念撮影をする新郎家族

そしてこちらが家族写真。新郎(新婦)側のみでの親族を含まない家族だけでの記念写真です。

家族写真は、声に出さなければ撮れない写真

先ほど紹介した3つの記念写真の中で、家族写真だけは「式場の中で正式なプログラムとして予定されている写真」ではありません。

下の表は、ある結婚式のスケジュールとプログラムごとに撮影できる記念写真をまとめたものですが、この中に「家族写真」は見当たりません。

プログラム 撮影できる記念写真
お支度完了
フォーマル撮影 写真室での2ショット写真
ロケーション撮影 式場内スポットでの2ショット写真
挙式リハーサル
挙式
親族紹介・受付開始
親族集合写真撮影 写真室での両家親族の集合写真
披露宴開宴 高砂でのゲストとの記念写真
新婦お色直し退場 退場をエスコートしてくれたゲストとの記念写真
新郎新婦再入場 フォトラウンド
おひらき 新郎新婦+両家ご両親での記念写真

家族写真がプログラムの中に組み込まれていないということは、新郎新婦が「撮りたい」と声に出さなければそのまま流れてしまうということです。

家族写真を撮れるタイミング

事前に家族写真の撮影希望を式場に伝えておけば、大抵の場合プランナーやカメラマンが撮影のタイミングを考えてくれます。

しかし、外部カメラマンを持ち込む場合には、撮影に協力的でない式場もあります。
念のために、家族写真を撮影できるタイミングを知っておきましょう。

挙式前の親族控え室で

親族紹介が行われるまでは、新郎側・新婦側の親族はそれぞれ別の控え室で待機しているので、このタイミングで家族写真を撮ることができます。
スペースに限りがあったりテーブルを動かすのが難しい場合は、立った状態での全身写真ではなく、着席での半身写真となることもあります。

ホテルニューオータニ親族控室での家族写真

親族控室での時間は、家族や親戚のみなさんとのんびり言葉を交わせる貴重な時間でもあります(この後は意外と親族と歓談する時間がない)。
歓談と撮影のどちらを優先するかを考えて判断してください。

お色直し中座直後に

披露宴中盤のお色直し中座の場面では、新婦(新郎)がエスコート役のゲストと腕を組んで退場することが多いですよね。
退場後には、会場の外で「新婦+エスコート役のゲスト」で記念写真を撮ります。

同じタイミングで家族写真も撮ることができるので、希望する人は事前に式場に伝えておきましょう。

お母さん+2人のお姉さんにエスコートされて退場した新婦さん。まずは4人での記念写真。
この間に式場スタッフが他の家族の方々を呼びに行ってくれてます。

続いてお父さんとお兄さんも加わり、家族全員での記念撮影。

新郎新婦はこの後すぐに衣装替えとなります。お色直し前の姿で家族写真を撮りたい場合は、このタイミングがラストチャンスになります。

披露宴の歓談中に

歓談の時間の高砂での記念撮影は、親族よりも友人などの招待客が優先になります。
かといって、家族が高砂で記念撮影をしてはいけないわけではありません。

もしゲストとの記念撮影が落ち着いたら、家族にも高砂に来てもらって、ぜひ一緒に写真を残してください。

ウェスティンホテル東京ビクターズでの家族写真

ご家族からすると「まだゲストで記念写真を撮れてない人がいるかも…」と遠慮をして、自分から高砂には向かいづらいものです。そんなときには、スタッフに「家族で写真を撮りたい」と声をかけて連れて来てもらえばOKです。

フォトラウンドで

もし披露宴の中でフォトラウンド(新郎新婦がゲストテーブルをまわりながら撮影するグループごとの記念写真)を行う場合は、家族テーブルでの記念写真も撮れます。

ゲストお見送り後に

ゲストをお見送りして落ち着いてから撮ることもできます。
披露宴会場の次の使用状況によっては撮影場所の制限を受けるかもしれませんが、急かされずにゆったりした空気で撮影できることが多いです。

お見送りを終えて写真を撮ろうと思ったら、ご兄弟の姿が見当たらないことがよくあります。事前に残ってもらうように声をかけておきましょう。

写真室でのフォーマル写真(型物写真)は必要?

式場によっては、写真室(スタジオ)で家族写真撮影のオプションサービスを用意している場合があります。
いわゆる「フォーマル写真」「型物写真」と呼ばれることの多い写真室での記念写真は、専門のライトを組んで全身の明るさや色にバラつきが出ないように撮ってもらえます。また、もらえるプリントは数十年経っても劣化しにくいところも大きなメリットです。

一方で、データをもらうことができないという大きなデメリットもあります。ご自身での複製は難しいので、親戚に配りたい場合は式場に追加料金を払って焼き増しをしてもらう必要があります。

写真室での撮影を依頼すべきか迷っている花嫁さんは、これらのメリット・デメリットと共に、今回ご紹介した様々なタイミングでの家族写真で「本当に満足できそうか?」を考えてみてください。