カメラマン外注禁止の式場に持ち込みを決行したら、どれだけの写真を撮れるか?

持ち込みカメラマンによるアーフェリーク白金での集合写真シーン

こんにちは、ウェディングフォトグラファーの松元 馨(かおる)です。

たとえ持ち込み禁止の式場であっても、カメラマンをゲストの一人として招待することによって、結婚式を撮影してもらうことができます。

自分で見つけたお気に入りのカメラマンに撮ってもらえるのは大きなメリットですが、ゲストとしての持ち込みカメラマンは「通常の撮影と比べて行動範囲や撮影内容が限られる」というデメリットもあります。

そこで今回は、ゲストとしての持ち込みカメラマンが、式場の厳しい制約の中で「撮れるもの」と「撮れないもの」をシーンごとに分けてお伝えします。

持ち込みを決行することによって手に入る写真が「あなたにとって本当に満足のいくものか」をイメージするのに役立ててもらえれば幸いです。

カメラマンをゲストとして持ち込む際の一般的な撮影ルール

持ち込み禁止の式場にゲストとして持ち込んだカメラマンは、式場内を自由に動きまわることができません。そのため、通常の撮影と比べると「撮れないもの」が出てきます。

細かいルールは式場によって異なりますが、一般的には次のような制限になることが多いです。

撮影内容 撮影の可否
お支度シーン
ロケーション撮影
(ポーズ写真)
受付
親族紹介
挙式リハーサル
挙式 ゲスト席から動かずに撮影
全員集合写真
披露宴 自由に動きながらの撮影OK

これらの写真を、「撮れるもの」と「撮れないもの」に分けて、順番に詳しく見ていきましょう。

ゲストとしての持ち込みカメラマンでは撮れない写真

ブライズルームでのお支度写真

リップを塗る鏡越しの新婦

新郎新婦のお支度部屋であるブライズルームにゲストは入れません。よって、ゲストとしての持ち込みカメラマンもお支度シーンの撮影はできないことが多いです。

※ お支度シーンの撮影については『「持ち込みカメラマンはブライズルーム立ち入り禁止」の式場でお支度シーンを撮る方法』もご覧ください。

ロケーション撮影(ポーズ写真)

ヒルトン東京のクリスマスツリー前の螺旋階段でのロケーション撮影

ロケーション撮影とは、式場内の絵になるスポットを回りながら撮影する新郎新婦のポーズ写真です。
ロケーション撮影をするためには、式場に撮影のための時間と場所を確保してもらう必要があります。この撮影も、ゲストカメラマンの立場では難しいでしょう。

親族紹介

TKPガーデンシティ品川での親族紹介

親族紹介は、新郎新婦と両家親族によって行われます。ゲストカメラマンは立ち入ることができません。

挙式リハーサル

ウェディングキスのリハーサルで笑う新郎新婦

挙式リハーサルに参加するのは、新郎新婦と両家のご両親、リングガールなどのお手伝い役の人のみです。ゲストカメラマンの同席・撮影は難しいでしょう。

新郎に指輪をはめる新婦の手元

このような手元アップの写真もリハーサルのときに撮影することが多いので、ゲストカメラマンでは撮るのが難しいでしょう。

全員集合写真

アーフェリーク白金の披露宴会場での集合写真

集合写真も、場所・時間の確保という点で、式場の協力が不可欠な撮影です。ゲストの立場では撮らせてもらえないことが多いです。

ゲストとしての持ち込みカメラマンでも撮れる写真

ゲストとしての持ち込みカメラマンが行動できる範囲は、あくまでも「他のゲストと同じ」です。つまり、他のゲストが自由に写真を撮れる場所であれば、持ち込みカメラマンも撮影OKということになります。

受付

受付をする男性ゲストたち

受付が始まったらその様子を撮ることができます。

ウェルカムスペースの様子

アルカンシエル南青山でのゲスト待合室にやってきた女性

受付後にウェルカムスペースでくつろぐゲストの様子も撮影OK。

飾られた新郎新婦の写真を見る女性ゲストたち

飾られた新郎新婦の写真を眺めるゲストのこんな表情も。もちろん、ウェルカムボードなどのアイテム類も自由に撮影OKです。

挙式

挙式中は、他のゲストと同じく「席から動かない」という条件付きで撮影OKです。
詳しくは『ゲスト席から動かずにどこまで撮れる?持ち込み禁止式場での挙式撮影』をご覧ください。

フラワーシャワー

挙式後に別の場所に移動してのフラワーシャワーやブーケトスなどのアフターセレモニーがある場合は、自由に動きながらの撮影OKです。

披露宴

大抵の式場では、ゲストとしてのカメラマンでも、披露宴中は自由に動きながらの撮影OKです。
カメラマンは式場スタッフから「あなた本当にゲスト?プロなんじゃないの?」という疑いの眼差しを受けることになりますが、他にも自席を離れて写真を撮っているゲストもいるため、動きを制限するのは難しいようです。

お見送り

送賓中に笑う新郎新婦と両親

披露宴おひらき後のお見送りの様子も撮影OK。一緒に写真を撮れていないご親族やお友達がいたら、(式場からは急かされますが)このタイミングでカメラマンに撮ってもらいましょう。

ゲストとしての持ち込みカメラマンが撮った写真をまとめて見てみよう

最後に、過去に私がゲストとしての持ち込みカメラマンの立場で撮影した結婚式をご紹介します。
写真で解説!持ち込み禁止式場の結婚式|アーフェリーク白金|挙式編』では、結婚式の写真を時系列順に掲載しながら、シーンごとのカメラマンの動きや注意事項などをまとめています。合わせてご覧ください。

写真のみをざっくりと見たい方はこちら↓

「カメラマンが業者であることが式場にバレないか不安…」という人へ

結論からいうと、式場にはバレてます。とても趣味とは思えないガチ装備のゲストがいたら、「あの人プロでしょ?」と疑われるのは当然です。

仮にプロであることが式場にバレていても、「カメラマンが新郎新婦の本当の友人である」という事実さえあれば、式場から突っ込まれる可能性は低いです。そのために当日注意すべきポイントを『ゲストとして持ち込んだカメラマンに「本当は業者だろ!」と式場から突っ込まれないために』にまとめています。合わせてご覧ください。