カメラマン外注禁止の式場に持ち込みを決行したら、どれだけの写真を撮れるか?

持ち込みカメラマンによるアーフェリーク白金での集合写真シーン

こんにちは、ウェディングフォトグラファーの松元馨(まつもとかおる)です。

たとえ持ち込み禁止の式場であっても、カメラマンをゲストの一人として招待することによって、結婚式を撮影してもらうことができます。

自分で見つけたお気に入りのカメラマンに撮ってもらえるのは大きなメリットですが、ゲストとしての持ち込みカメラマンには「通常の撮影と比べて行動範囲や撮影内容が限られる」というデメリットもあります。

そこで今回は、ゲストとしての持ち込みカメラマンが「撮れるもの」と「撮れないもの」とをまとめてお伝えします。

厳しい制約の中で持ち込みを決行することによって手に入る写真が、あなたにとって本当に満足のいくものかをよく考えた上で、持ち込みを検討してください。

カメラマンをゲストとして持ち込む際の一般的な撮影ルール

持ち込み禁止の式場にゲストとして持ち込んだカメラマンは、式場内を自由に動きまわることができません。他のゲストが立ち入り禁止とされている場所には、カメラマンも入ることができません。

細かいルールは式場によって異なりますが、一般的には次のような制限になることが多いです。

撮影内容撮影の可否
お支度シーン
ロケーション撮影
(ポーズ写真)
受付
親族紹介
挙式リハーサル
挙式 ゲスト席から動かずに撮影
全員集合写真
披露宴 自由に動きながらの撮影OK

リビエラのようなゆるい式場、雅叙園のような厳しい式場も

通常、持ち込み禁止の式場ではカメラマンは新郎新婦の友人として振舞わなくてはなりませんし、式場側も撮影のための情報の共有なんてしてくれません。

ですが中には、リビエラ系列の式場のように、「持ち込みカメラマンはゲストとしてならOKです」と一応外部業者の利用を認めてくれた上で、当日には撮影に必要な情報の共有を外部カメラマンにも丁寧にしてくれる式場もあります。

一方で、雅叙園のように「業者だろうが家族、友人だろうが、特定の機材を使って撮影していたら外部業者とみなし10万払ってもらう」という大胆な規約書が話題になった式場もあります。

式場に「外部カメラマンの持ち込みはできない」と言われたら、「友人に撮ってもらうことはできるか。その場合、撮れるものと撮れないものとを具体的に教えてほしい」と確認しておきましょう。

ゲストとしての持ち込みカメラマンでは撮れない写真

他のゲストが入れない場所、撮らせてもらえない写真は、ゲストとしての持ち込みカメラマンでも撮らせてもらえないことが多いです。

ブライズルームでのお支度写真

リップを塗る鏡越しの新婦

新郎新婦のお支度部屋であるブライズルームにゲストは入れないため、お支度シーンの撮影は難しいです。

ロケーション撮影(ポーズ写真)

ヒルトン東京のクリスマスツリー前の螺旋階段でのロケーション撮影

ロケーション撮影とは、式場内の絵になるスポットを回りながら撮影する新郎新婦のポーズ写真です。
ロケーション撮影をするためには、式場に撮影のための時間と場所を確保してもらう必要があります。この撮影も、ゲストカメラマンの立場では難しいでしょう。

親族紹介

TKPガーデンシティ品川での親族紹介

親族紹介は、新郎新婦と両家親族によって行われます。ゲストは立ち入ることができません。

挙式リハーサル

ウェディングキスのリハーサルで笑う新郎新婦

挙式リハーサルに参加するのは、新郎新婦と両家のご両親、リングガールなどのお手伝い役の人のみです。ゲストカメラマンの同席・撮影は難しいでしょう。

新郎に指輪をはめる新婦の手元

このような手元アップの写真もリハーサルのときに撮影することが多いため、ゲストカメラマンでは撮るのができません。

全員集合写真

アーフェリーク白金の披露宴会場での集合写真

集合写真も、場所・時間の確保という点で、式場の協力が不可欠な撮影です。ゲストの立場では撮らせてもらえないことが多いです。

ゲストとしての持ち込みカメラマンでも撮れる写真

他のゲストが自由に写真を撮れる場所であれば、ゲストしての持ち込みカメラマンも撮影OKです。

受付

受付の様子

受付が始まったらその様子を撮ることができます。

ウェルカムスペースの様子

アルカンシエル南青山でのゲスト待合室にやってきた女性

受付後にウェルカムスペースでくつろぐゲストの様子も撮影OK。

飾られた写真を見て笑う男性ゲスト

飾られた新郎新婦の写真を眺めるゲストのこんな表情も。もちろん、ウェルカムボードなどのアイテム類も自由に撮影OKです。

挙式

バブルシャワーでチャペルを退場する新郎新婦

挙式中は、他のゲストと同じく「席から動かない」という条件付きで撮影OKです。

下の記事では、実際にゲスト席から動かずに撮影した写真を、自由に動きながら撮った挙式写真と比較しながら解説しています。

フラワーシャワー

挙式後に別の場所に移動してのフラワーシャワーやブーケトスなどのアフターセレモニーがある場合は、自由に動きながらの撮影OKです。

披露宴

大抵の式場では、披露宴中は自由に動きながらの撮影OKです。
カメラマンは式場スタッフから「あなた本当にゲスト?業者じゃないの?」という疑いの眼差しを受けることになりますが、他にも自席を離れて写真を撮っているゲストもいるため、動きを制限するのは難しいようです。

お見送り

送賓中に笑う新郎新婦と両親

披露宴おひらき後のお見送りの様子も撮影OK。
一緒に写真を撮れていないご親族やお友達がいたら、(式場からは急かされますが)このタイミングでカメラマンに撮ってもらいましょう。

ゲストとしての持ち込みカメラマンが撮った写真を見てみよう

私が実際にゲストの立場で撮影した結婚式の写真をご紹介します。
下の記事では、1日の流れを写真で追いながら、場面ごとのカメラマンの動きや注意事項などをまとめているので、イメージをつかむのに役立ててください。

持ち込み禁止の式場に対する交渉方法

「持ち込みを業者として認めてほしい」「持ち込みを認めないのなら、式場カメラマンのサービスをもっと充実させてほしい」
そんな不満を抱えている人に向けて、式場への具体的な交渉方法を下の記事にまとめました。合わせてご覧ください。

持ち込みカメラマンの選び方

外部のカメラマンの中には、プロだけでなくアマチュア〜セミプロも混在しているので、サービス内容もスキルも様々です。
そんな中で、少しでも失敗のリスクを回避するための方法を下の記事にまとめています。

フォトラウンドでゲストと記念撮影をする新郎新婦
待ってるゲストは退屈?ポーズは必要?フォトラウンドの疑問にまとめてお答えします
持ち込みカメラマンの選び方【失敗のリスクを極限まで減らすために】
新郎新婦の振り返りショット
写真で解説!ヒルトン東京の結婚式|菊華の間
手紙を読む新婦
写真で解説!TKPガーデンシティ品川の結婚式|披露宴
披露宴入場時の新郎新婦の後ろ姿
写真指示書のリクエストを一つでも多く叶えてもらうために必要な2つのこと
キャットストリートでのロケーションフォト
写真で解説!ルシェルブラン表参道の結婚式|挙式