カメラマンの持ち込みトラブル回避!成約前に確認しておくべき4つのこと

こんにちは、ウェディングフォトグラファーの松元 馨(かおる)です。

カメラマンの持ち込みについて式場とのトラブルを抱える花嫁さんからよく耳にするのが、「そんなの聞いてなかった」という声です。

式場見学のときには耳触りのいいことしか聞かされなかったのに、成約した途端に禁止事項や追加料金などの厳しい現実がプランナーから次々と告げられる。そこから式場を変えようにも今度はキャンセル料の請求。

これ、実はそう珍しい話ではないんです。

そこで今回は、カメラマンの持ち込みについて事前に確認しておくべきことをまとめました。一緒にみていきましょう。

情報の後出しをする式場に振り回されないために、成約前の確認を

大切な情報を式場が教えてくれないのなら、式場選びの段階であなたの方から聞き出す必要があります。「式場専属カメラマンと持ち込みカメラマンのどちらを利用するかをはっきり決めていない」という人も、必ず成約をする前に次の4点だけは確認しておきましょう。

Q1.「業者としての持ち込みは可能か?」

「業者としての持ち込み」とは、外部業者であるカメラマンの利用を事前に式場に認めてもらった上で、当日に撮影してもらう方法です。一般的なカメラマンの持ち込みの形です。

Q2.「写真が上手な友人に撮影してもらうことは可能か?」

「業者としての持ち込み」がNGの式場では、カメラマンを友人として招待することによって持ち込みが可能になります。カメラマンが業者であることを式場には伝えずに、あくまで「一人のゲストに撮ってもらう」という建前にするのです。

「友人としての持ち込み」の場合、持ち込み料金はかかりませんが、業者としての持ち込みに比べると撮らせてもらえないシーン(ブライズルームでのお支度シーン、ポーズ写真など)が多くなります。そのため、式場専属カメラマンに最安プランで依頼しつつ、外部カメラマンを友人として持ち込む人も多いです。

式場に事前確認をするときには、「写真が上手な友人に撮ってもらいたいのですが、可能ですか?」という聞き方をしてください。「プロの友人に撮ってもらいたい」という聞き方だと、「業者の持ち込みはNGです」と却下される可能性が高いです。

Q3.「撮影禁止のシーン、立ち入り禁止の場所はあるか?」

「業者としての持ち込み」「友人としての持ち込み」それぞれの場合に、式場専属カメラマンと比べて撮らせてもらえないシーンや立ち入り禁止の場所があるかを確認しておきましょう。

下記リストは、一般的な結婚式の中でスナップカメラマンが撮影する写真を時系列に並べたものです。「この中で撮らせてもらえないものはありますか?」と式場に尋ねれば、できることとできないことがはっきりするはずです。

  • ブライズルームでのお支度シーン
  • ロケーション撮影(新郎新婦のポーズ写真)
  • 親族紹介
  • 親族集合写真
  • 挙式リハーサル
  • 挙式
  • 全員集合写真
  • 披露宴前半(お色直し中座まで)
  • 中座エスコート役との記念写真
  • 披露宴後半
  • フォトラウンド(ゲストとの記念写真)
  • 新郎新婦+両家両親との記念写真(おひらき後)
  • ゲストのお見送り
  • お色直し後の姿でのポーズ写真

Q4.「持ち込みに伴って新たに発生する料金はあるか?」

カメラマンを持ち込むと、新たな料金を式場から請求されることがあるので、事前にクリアにしておきましょう。

その際に、「持ち込み料金はかかりますか?」という聞き方はしないこと。「カメラマンの持ち込みに伴って、新たに発生する何らかの料金はありますか?」と尋ねましょう。

式場によっては、新たに発生する料金をなるべく新郎新婦に悟られまいとしている場合があります。実際にあったのが次のようなケース。

【成約前】
新郎新婦「持ち込み料金はかかりますか?」
プランナー「かかりません」

【成約後】
新郎新婦「カメラマンを持ち込むことにします」
プランナー「持ち込み料金はかかりませんが、フェア割引が無効になるので追加料金が発生します」

悲しいことに、このような後出しジャンケンをする式場が珍しくないのです。もちろん良心的な式場もありますが、備えておくに越したことはありません。

持ち込みに厳しい式場での交渉方法について

「成約前の確認が大事なのはわかったけど、もう既に成約しちゃった…」という人のための具体的な交渉方法を『カメラマンの持ち込みに厳しい式場での交渉術』にまとめています。合わせてご一読ください。