「不満を伝えることで式場にクレーマーだと思われたくない」という人へ

こんにちは、ウェディングフォトグラファーの松元 馨(かおる)です。

花嫁さんの中には、式場のサービスに何らかの不満を抱えていながらも、「プランナーさんは感じのいい人だから、交渉をすることで険悪な関係になるのが嫌だ」という人がいます。

式場との平穏な関係を優先するのは、もちろん個人の自由です。でもその結果、同じ日に同じ式場で結婚式を挙げる他の新郎新婦と比べて損をする可能性がある。今回はそんなお話です。

ウェディングシーズンには、カメラマン不足になる式場が多い

繁忙期になると、多くの式場でカメラマン不足になります。常駐している専属カメラマン以外に、外部からもカメラマンをかき集めることで何とか賄うことも多い。その中には、経験が不十分なカメラマンやクセの強いカメラマンが含まれることもあります。

主張をしない新郎新婦に割り当てられるのは、どんなカメラマン?

日本の多くの式場では、新郎新婦がカメラマンを選ぶことができません。式場は新郎新婦の意向とは関係なく、実力がピンキリのカメラマンを一件一件の結婚式に割り当てていきます。

もしあなたが式場側の立場だったら、全体のクレームを最小限に抑えるためにはどんな振り分けをしますか?「写真についてこだわりがあり、事前要求の強い新郎新婦」には安定して質の高い写真を撮るカメラマンを、「式場の説明に異を唱えない新郎新婦」には経験の浅いカメラマンやクセの強いカメラマンを割り当てるのではないでしょうか。

高額な料金を払うのなら、相応のサービスを要求しよう

新郎新婦のために親身になってくれるプランナーはたくさんいます。それでも、プランナーはあくまで所属している組織の方針にのっとった接客をしているのであり、会社に利益をもたらすことが第一の優先事項なのだということを覚えておいてください。

もちろん、プランナーのそのような姿勢を否定しているのではありません。私が言いたいのは、「ならば、あなたにもお客さんとして支払う金額に見合うサービスを要求する権利がある」ということです。

格安業者を利用しているのならまだしも、十万単位の高額な撮影料金を必要とする式場なら尚更です。