100カットは少ない?400カットで十分?カット数ごとの写真を見比べてみよう

こんにちは、ウェディングフォトグラファーの松元 馨(かおる)です。

多くの式場では、撮影プランはカット数ごとに分かれています。

「100カットで10万円」「400カットで20万円」と言われても、その写真の量が十分かどうかをうまくイメージできる人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、同じ結婚式の写真を「100カットプラン」と「400カットプラン」に合わせて実際に選び出してみました。

ぜひプラン選びの参考にしてください。

100カットプランの写真と400カットプランの写真を実際に見比べてみよう

それでは早速、同じ結婚式の写真を「100カットプラン」「400カットプラン」に合わせて選び出してみましょう。
といっても実際に400枚全ての写真を見るのは大変なので、ここでは場面ごとに分けて写真をご紹介します。

披露宴入場シーン

100カットプランの場合:1枚

少ないカット数のプランでは「披露宴会場を進む新郎新婦の写真」が優先的に残されます。

披露宴会場に入場する新郎新婦

400カットプランの場合:4枚

カット数に余裕のあるプランになると、同じ入場シーンでも次のように写真のバリエーションが増えます。
※ 新たに増えた写真には青いフレームをつけています。

ヒルトン東京で披露宴の入場を待つ新郎新婦の後ろ姿

入場を待つ2人の後ろ姿の写真が新たに加わりました。

披露宴会場の扉前で振り返る新郎新婦

カメラを振り返っての1枚も。

披露宴会場に入場する新郎新婦の後ろ姿

こちらは、扉のオープン直後に後ろから撮った写真。

披露宴会場に入場する新郎新婦

そしてこちらが入場する新郎新婦の写真。100カットプランにも含まれているものです。

ゲストのスピーチ

100カットプランの場合:2枚

ゲストによるスピーチの場面で優先的に残されるのは、「スピーチをするゲスト」「スピーチに耳を傾ける新郎新婦の写真」です。

ホテルニューオータニアーチェロでスピーチをするゲスト

ホテルニューオータニアーチェロでスピーチに耳を傾ける新婦

400カットプランの場合:5枚

カット数が増えると、表情の変化や主役以外の写真も加わります。

ホテルニューオータニアーチェロでスピーチをするゲスト

ホテルニューオータニアーチェロでスピーチに耳を傾ける新婦

ここまでは、100カットプランと同じ。

友人スピーチで笑う新婦

同じ場面でも異なる表情の写真が加わりました。

スピーチの内容を忘れてしまう女性ゲスト

スピーチ中にど忘れをして、「あんなに練習したのに…」とつぶやく女性ゲスト。

笑う男性ゲスト

ほのぼのとしたスピーチの空気に頬のゆるんだ男性ゲストの姿も。

フォトラウンド

※ 全テーブルではなく、3テーブル分のフォトラウンドに絞ってご紹介します。

100カットプランの場合:3枚

カット数が少ない場合は、次のようにカメラ目線の記念写真のみになる場合も。

ウェスティンホテル東京のビクターズでのフォトラウンド

男性ゲストとの記念写真

女性ゲストとの記念写真

400カットプランの場合:6枚

カット数に余裕があると、次のように記念撮影の合間の触れ合いの様子も残せます。

ウェスティンホテル東京のビクターズでのフォトラウンド

笑顔で新婦を見上げる女性ゲスト

男性ゲストとの記念写真

男性ゲストと歓談する新郎

女性ゲストとの記念写真

記念写真の合間に大笑いする新郎新婦とゲスト

こんな風に、記念撮影の合間にガハガハ笑った思い出も。

カット数と共に増える写真の傾向は、カメラマンによって異なる

ここまで見てきたように、カット数に余裕があると「プログラム前後の様子」「表情のバリエーション」「ゲストとの触れ合いの様子」の写真がより多く残せることがわかりました。

ただし、これはあくまでも「私が撮った場合」です。

もし、「ゲストとの触れ合いの様子よりも、とにかく新婦の美しい姿を1枚でも多く撮ってあげたい」という価値観のカメラマンであれば、カット数の増加と共に増えていくのは主役の絵になる写真です。

どちらが正しいという話ではなく、相性の問題です。
あなたが望んでいるものを残してくれそうなカメラマンを慎重に選んでください。

予算の都合で少ないカット数を選ぶ人は、カメラマンのセレクトの傾向をチェックしておこう

今回は主に、「カット数に余裕があるとこんなメリットがあるよ」というお話でした。

そうはいっても、予算の都合で少ないカット数のプランを選ばざるを得ない人もいるかと思います。

限られたカット数の写真を選ぶのは、あなたではなくカメラマンです。
そして、カメラマンが「ベストだ!」と思って残した写真が、あなたにとってもベストであるとは限りません。

そんなリスクを少しでも解消するために、カメラマンのセレクトの傾向があなたの希望とマッチしているかを事前にチェックすることをお勧めします。

事前に「同じカメラマン」が撮った「同じプラン」の写真を確認させてもらいましょう。例えば、100カットプランを検討している人は、担当カメラマンが過去に撮ったある結婚式の100カットの写真全てを見せてもらうこと。
その上で、感じた不満があれば「もっとゲストの様子も」「もっと楽しそうな表情も」と要望を具体的に伝えておきましょう。