KAORU MATSUMOTO Photographer

モデル経験がない人のための
ポートレート撮影

詳しくはこちら 

ポートレートモデルが安全に活動するために|セクハラ回避のポイント

「ポートレートモデルやってみたいけど、セクハラされそうで怖い…」
「安全なカメラマンをどうやって選んだらいいかわからない…」

そんな不安の声を、モデル経験のない方からよく聞きます。

そこで現役モデルの体験談を元に、男性カメラマンとのトラブルを避けるポイントをまとめました。

ポートレートモデルとして安全に活動するために知っておくべきお話なので、ぜひ最後まで読んでください。

カメラマンとのトラブル例

ポートレート撮影で起こりがちなカメラマンとのトラブルには、次のようなものがあります。

セクハラ系

  • 「撮影のため」と人目のつかない場所に誘われ、身体関係を迫られる
  • 撮影時にポーズの指示を装って体に触られる
  • カメラマンが用意した衣装を来て、指示通りのポーズをとったら、知らないうちに性的な写真(下着が見えてる、胸元が強調されてるなど)を撮られる。その写真を元に脅される。
  • ストーカーとなってつきまとわれる

金銭トラブル

  • 相互無償と言っていたのに、後になって事前に聞いていないお金を要求される
  • リクエストを断ったら、「それじゃイメージしてるものが撮れない!撮影にかかったお金を払え」と脅される

写真の使用上のトラブル

  • こちらが気づかないうちに撮られていた性的な写真をカメラマンがSNSに公開していたので、削除するよう求めても応じてくれない
  • SNS以外のもの(商用のWebサイト、コンテスト応募など)に勝手に写真を使われる

トラブルを避けるために

SNSでフォロワーが増えて、撮影依頼のDMを送ってくれるカメラマンが増えると、嬉しいですよね。
ただ、その中には撮影が目的ではないカメラマンも混ざっていることを忘れないでください。
ここからは、面識のないカメラマンとのトラブルを避けるための方法をお伝えします。

カメラマンとやりとりをする前に「撮影の約束ごと」を作る

まずはじめに、怪しいカメラマンをブロックするためのフィルターとして、「撮影の約束ごと」を作ってください。
「撮影の約束ごと」とは、あなたがモデルとして撮影を受ける条件やNG項目などをまとめたものです。
怪しいカメラマンが目をつけるのは「押せばいけそうな、流されやすい人」「嫌なことにはっきり意思表示をできない人」です。
撮影条件の中にNG項目をはっきりと書いておくことで、怪しいカメラマンからの接触を減らすことができます

「何を書けばいいのかわからない」という人は、先輩モデルさんたちが公開している撮影条件を見てみることをオススメします。
インスタのハイライトやTwitterの固定ツイートなどに載せているモデルさんが多いです。

その中から、多くのモデルさんがNGにしているものを挙げてみます。

モデルさんのNG項目

  • 初対面のカメラマンによる室内撮影(スタジオ・ホテルなど)
  • 車移動
  • 山奥や地方の海、廃墟など全く人通りのない場所での撮影
  • 露出の多い衣装
  • 下着や胸元が見えそうなきわどいポーズ
  • ボディタッチ(「ポーズの指示は口頭で」と書いているモデルさんもいます)

仮にあなたが未成年の初心者モデルで、相手が50代のベテランカメラマンであっても、お互いの立場は対等です。
遠慮せずに、やりたくないことははっきりと書いてください
OKとNGのラインが曖昧だと、撮影当日にカメラマンからの要求を断りきれず、撮影後に後悔…ということになりかねません。

文章をまとめるのが苦手という人のために、僕も「撮影の約束ごと」の例を作ってみました。
↓の記事からコピペして、自由に使ってください。

↑の記事で紹介している「撮影の約束ごと」は、先輩モデルさんたちへのヒアリングを元に、様々なトラブルを避けられるようかなり細かく書いています。
ご自身の性格を考えた上で、不要なものは消してください。

繰り返しますが、場の空気に流されやすい人、気の進まないことにイヤとはっきり言えない人、痴漢などの怖い思いをしたときに体が固まって動けなくなる人は、なるべく細かく条件を書いてください
トラブルへの対応力が弱いのなら、トラブルメーカーを寄せつけないことに全力投球してください。

承諾の意思確認を忘れずに

「撮影の約束ごと」について、もう一つ大切なことがあります。
それは、DMでのやりとりの始めに必ずカメラマンに全文を読んでもらい、「承諾します」の一言をもらうこと
承諾の意思確認ができるまでは、日程調整などの具体的な話を進めてはいけません。
また、何かトラブルがあったときに「そんな約束をした覚えはない」とごまかされないように、承諾の返事をスクリーンショットで残しておくと安心です。

カメラマンに事前に確認しておくこと

カメラマンとのやりとりが始まると、撮影日や場所などの具体的な話に入っていきます。
撮影当日、後日のトラブル防止のために、次の内容も確認してください。

事前にカメラマンに確認すること

  • 衣装はモデルさんの持っている服でOKか。カメラマンのイメージの服をモデルさんが持ってない場合、どちらが服代を負担するか。
    カメラマンが「衣装はこちらで用意します」という場合は、必ず事前に写真を送ってもらうこと。想像以上に露出の多い衣装の可能性もありますので。
  • 雨の場合、傘をさして撮影を決行するのか、延期するのか。当日になって雨を理由に、スタジオやホテルなど人目のつかない室内撮影を提案されないように
  • 写真のSNSでの公開はOKか。また、投稿の際にお互いの名前やアカウント名の表記は必要か。
    モデルさんの中には、撮影を受ける条件として「SNSに公開予定の写真を事前にチェックさせてください」と書いている人もいます。半目など明らかに美しくない写真や、胸元・下着などが見えている写真が公開されるのを防ぐためです。
  • 撮影後にデータをもらえるか。中には「データをモデルに渡さない」というカメラマンもいるので、事前に確認しておきましょう。

撮影当日に気をつけること

お互いを信頼して楽しく撮影できればいいのですが、それでもモデルさん側はある程度の警戒心をもっておいた方がいいです。
撮影中は、次のことに気をつけてください。

撮影中に気をつけること

  • ボディタッチ、きわどいポーズなど、ちょっとでも嫌だと思ったことははっきり口にする
  • 事前の約束ごとをカメラマンが守らない場合は、即中止&帰宅(相手の言い訳に耳を貸さない)
  • 雑談の流れで聞かれても、家や学校・職場の場所を言わない
  • 駅集合、駅解散を徹底(募集条件に明記してるモデルさんが多いです)。撮影後、駅に着いたのにカメラマンがついてこようとするなら、「この後近くで友達と待ち合わせてるので」と理由をつけてカメラマンと別れましょう
  • 撮影中に荷物をカメラマンに預ける場合でも、スマホだけは自分でもっておく。夏場などポケットのない服だと難しいかもしれませんが、緊急時の連絡手段は確保しておくべきです
  • 撮影前後にカメラマンとカフェなどに入る場合、地下など中の様子がわからない店・得体の知れない店には入らない。チェーン店のカフェや窓が大きく外の人から見えるお店にすること


2020年にある人気モデルさんが室内撮影をしていたところ、男性カメラマンが突然ズボンを下ろし始めたという事件が話題になりました。
すかさずモデルさんが警察への通報をチラつかせたことで、大きな被害にはならなかったようです。

経験豊富なベテランモデルでさえ、豹変する相手を完璧に見抜くのは難しいんです。
カメラマンの第一印象がよかったとしても、最初に決めた「あなたの中のOKとNGのライン」は絶対に崩さないでください

撮影後日のストーカー被害を防ぐために

「撮影のあと、カメラマンからのプライベートなお誘いがしつこくて困ってる…」
ポートレート界ではよく聞く話です。

中には、撮影中のモデルの発言を異性的な好意と勘違いして、ストーカー化してしまうカメラマンもいます。

「自覚はないけど、いつのまにか異性を勘違いさせちゃうことが多い」という女性の方は、↓の記事をぜひ読んでください。

現役ポートレートモデルが実践しているトラブル回避法

ここからは、現役モデルさんから寄せられた実践的なトラブル回避方法をご紹介します。

カメラマンのアカウントでモデルからのタグづけをチェック

モデル歴2年 Aさん

カメラマンのSNSアカウントがモデルからどのくらいタグ付けされているかを確認してます。
モデルからのタグ付けが少ないカメラマンは、トラブルでモデルとの関係がこじれてるかもしれないので、関わらない方がいいです。

弁護士や警察の存在をチラつかせる

モデル歴3年 Bさん

当日雑談の中で、次のセリフを言うようにしています。
「男性カメラマンさんとの撮影を、一緒に住んでる兄が心配してるんです。たぶん弁護士(または警察)やってるせいで、いろいろ敏感なんですよね。DMの感じだといい人っぽいから大丈夫、って言ったんですけどね。今日お会いしてみて、やっぱりいい人そうだったから安心しました
相手を持ち上げつつ、こちらの身内に犯罪に敏感な人間がいることをほのめかして、防犯効果を狙ってます。

家の場所を聞かれたときのごまかし方

モデル歴3年 Cさん

誰がいつストーカー化するかわからないから、自宅や職場のエリアは絶対に教えません。
雑談の中で聞かれても、「秘密です!」と笑顔で流してます。
それでも軽いノリで聞いてくるカメラマンには、「〇〇さんはそんな人じゃないと思うんですけど、昔ストーカー被害にあったことがあって、初対面の方には家の場所を言わないようにしてるんです。ごめんなさい」と伝えることもあります。
すかさず「カメラマンさんが住んでるのはどんな街なんですか?」と相手に喋らせる流れにつなげて、空気が悪くならないようにしています。

身の危険を感じたときの一言

モデル歴4年 Dさん

ポーズの指示に見せかけたボディタッチがひどいカメラマンがいました。言ってもやめてくれないので帰ろうとしたら、腕をつかまれたんです。
そこで私は、「撮影中の私の居場所をスマホのGPSで兄(または父)が見ています。近くにいるので、来てもらいますよ」と言いました。ようやくカメラマンは諦めたようで、無事その場を離れることができました。
監視役(という架空の設定)は彼氏ではなく、兄や父にするのがポイントです。
カメラマンの中には、モデルの彼氏という存在を目の敵にしてる人もいるので、火に油を注ぐことになりかねません。
アイドルに彼氏がいることがわかると、発狂するファンに近いかも。

下着を盗み撮りさせないために

モデル歴4年 Eさん

カメラマンの中には、撮影回数を重ねるごとに徐々にセクハラやNG要求がエスカレートする人がいます。
「もっとエロくして!」と要求したり、ベンチに脚をのせるポーズをさせてから正面に回り込んでスカートの中を撮り始めたり…。
対策として、スカートや幅広めのパンツスタイルの日は、必ず黒のショートスパッツをはくことにしました。
また、事前にカメラマンに承諾してもらう『撮影条件』に、「セクハラ行為があった場合は、知り合いのモデル&カメラマンに実名で共有します」という文言も加えました。

相手の気分を害さずにカメラマンの顔写真を残すコツ

モデル歴2年 Fさん

当日撮影前(か撮影の早めのタイミング)に、スマホでカメラマンと一緒に自撮りしています。
万が一トラブルになったときに、こちらにカメラマンの情報が何も残ってないと対処が難しいから。
ポイントは「せっかくなので一緒に写真撮ってもいいですか!?」とポジティブなノリで撮影にもっていくこと。
「トラブル防止のために顔写真撮らせて」って言われたら、カメラマンも気分悪いじゃないですか。
それとあえて私も一緒に写ることで、撮影を拒まれる確率がグッと減りますよ

※ カメラマンの身元確認・写真撮影については、↓の記事でも触れています。

モデル経験がない人のための
ポートレート撮影

ウェディング歴10年のプロが撮影 密室に2人きりになることはありません 容姿・ご年齢でモデルを選びません 「安全なモデル活動」の情報をお届け

2021年に撮らせてくれた114名の方々
ありがとうございました !!!

写真をみる
結婚式撮影歴10年のプロカメラマン

本名&顔出しで、プロのウェディングフォトグラファーとして活動しています。ご不安なら当日に身分証での身元確認もOKです。
→プロフィールをみる
→ウェディングの実績はこちら

密室に2人きりになることはありません

当日、人目のない場所で2人きりになることはありません。スタジオなどの室内撮影・車移動はなく、都内の駅から徒歩圏内の戸外のみで撮影します。

容姿・ご年齢でモデルを選びません

容姿やご年齢を問わず、どなたでもお撮りします。事前にお顔や体型がわかる写真を送ってもらう必要はありません。

「安全なモデル活動」の情報をお届け

「これからポートレートモデルを続けていきたい」という方には、過去に起こったセクハラ事件やカメラマンとのトラブル対処法について、より詳しくお話しします。当日、撮影の合間にでもお声がけください。

撮影のご感想

「かわいくないのに被写体なんてしていいのかな」と思ってたけど…

私は自分の顔のパーツにコンプレックスをもっていて、少しでも自分を好きになりたいと思い、撮影をお願いしました。 当日「どんな人が来るんだろう」と緊張していましたが、会った瞬間から明るく気さくに話しかけてくれる松元さんに安心しました。

つづきを読む

撮影でも表情を作らなくてよかったり、会話の中で自然な笑顔を引き出してくれて、本当にただその瞬間の素の自分を撮っていただきました。 撮影後に松元さんが選んだ1枚の写真を、チェキのフィルムでプレゼントしてもらいました。 そして「自分が好きになれない自分の姿でも、他の人にはすごく魅力的に見えてることもありますよ」と言われ、他の人の目にうつる自分の良さを知りました。 できあがった写真をみて、「笑顔じゃなくても素敵な表情ってあるんだな」と思いました。 「私なんてかわいくないのに被写体なんてしてもいいのかな…」と思っていましたが、自分の良さを知るという本当に貴重な経験になりました。

出会ってすぐに引き出してもらえた笑顔

もともと興味はあったけど、被写体は緊張するし恥ずかしいし、って何かと理由をつけてやってこなかった。それがずっと自分の中でひっかかっていました。 40代になってもなお、心のどこかでずっとくすぶるぐらいなら行動に移そう、たぶん10年後も同じことを思っているはず、と思いカメラマンを探しました。

つづきを読む

松元さんの第一印象は、とっても物腰がやわらかくて気さくで心づかいの素晴らしい方だなという印象です。 いろいろな不安や緊張はありましたが、出会ってすぐに笑顔を引き出すプロのテクニックは凄いの一言です。 とても笑顔が多い写真を見ていると、今回の撮影の楽しさを物語っているなと思います。 やはり経験に勝るものはないし、松元さんに依頼してよかったと心から思っています。

コンプレックスが長所に変わった嬉しさ

カメラを向けられることへの苦手意識を克服したいと感じていたときに、松元さんのナチュラルで透明感のある写真に惹かれ、勇気を出してお願いしました。 このような撮影ははじめてだったので、前日からすごく緊張していました。 でも松元さんにお会いしてお話をしているうちに、あっという間に緊張がとけていくのを感じました。

つづきを読む

そのおかげか、いつもは自分の写真うつりを気にしすぎてしまうのですが、今回は全く気にならずに自然体でいられました。 撮影の2時間はあっという間で、本当に濃くて楽しかったです。 できあがった写真を見たとき、「こんなにも写真に自分の内面が出るものなのか」と驚いたのを覚えています。 今まで自分のナチュラルな表情はあまり好きではなかったのですが、少し好きになれました。 松元さんにコンプレックスを長所に変えてもらえて、すごく嬉しいです。 また、被写体のことを本当に考えて撮影してくれているのが伝わって、とても安心できました。

撮られてみたいけど
踏み出す勇気が出ない…
という方へ

僕のポートレート撮影では、モデルさんのあらゆる不安がすべて解消されてから、撮影のお話に進みます。「この人なら大丈夫!」と思えるまで、どんな些細なことでもご相談ください。

    E-mailアドレス*

    ご相談の内容

    InstagramTwitterのDMでもご相談をお受けしています。