KAORU MATSUMOTO Photographer

モデル経験がない人のための
ポートレート撮影

詳しくはこちら 

カメラマンには身元の確認よりも顔写真を要求しよう【撮影トラブル】

ポートレートモデルが安全に活動するために|セクハラ回避のポイント』の記事について、次のようなご意見をいただきました。

「男性カメラマンによるトラブル防止のためには身元確認が一番。撮影前にカメラマンの免許証を見せてもらえばいいのでは?」

確かにカメラマンの身元確認をすることで、犯罪の抑制効果はあると思います。

ただ、この方法を僕が胸を張ってモデルさんにお勧めできるかというと、ちょっと難しい。
それはモデルさんにとって、リスクが大きい方法だからです。

女性モデルが男性カメラマンに身分証の提示を求めるリスク

まず、モデル側からカメラマンに身分証の提示を求めるということは、相手からも同じ要求をされかねません
「俺があなたに免許証を見せたんだから、あなたも身分証見せてよ。じゃないと不公平でしょ?」と言われたときに、相手を納得させる言葉が思いつくでしょうか。

モデルさんの中には、↓のやり方をしている人もいます。

  1. 撮影を始める前に、モデルとカメラマンがお互いの身分証をスマホで撮影
  2. トラブルなく撮影を終えたら、スマホから相手の身分証の画像を消す

この方法は公平なように見えて、実はモデルさん側のリスクが高いです。

相手に住所を知られたことをきっかけにトラブルに巻き込まれるのは、男性カメラマンよりも女性モデルの方が圧倒的に多いから。

ポートレート撮影の世界で、撮影後に男性カメラマンがストーカーとなってモデルにつきまとう事件は珍しくないのです。

それに「撮影終了後にお互いのスマホから身分証の画像を消す」とはいっても、その前に同じ画像を別の場所に複製すること(クラウドに自動保存、SNSに非公開で投稿、メール送信など)は簡単にできます。
すると結果的に、あなたのスマホからはカメラマンの情報が綺麗に消えますが、カメラマンの手元にはあなたの名前も住所も残ることになる。

そう考えると、モデルさんが身分証の提示をカメラマンに求めるのはやっぱり危ない気がします。

カメラマンの顔写真を残そう

僕がモデルさんにお勧めしているのは、事前にカメラマンの顔写真を送ってもらう方法です。
(当日撮影の前に写真を撮らせてもらうのもOK)

そもそもカメラマンの手元には作品という名のモデルの写真が大量に残るのに、モデルの手元にはカメラマンの顔写真は1枚も残らないという前提がひどくアンバランスなんです。

犯罪目的のカメラマンが嫌がるのは、自分の情報が被害女性の元に残ることです。
SNSアカウントのように簡単に変更・削除ができる情報ではなく、顔写真・本名・住所・勤め先などのリアルな情報は、相手に残したくないんです。
なので、カメラマンの顔写真をモデルさんが持っているというだけでも、ある程度の抑制効果はあるはず。

一つ注意として、カメラマンから顔写真をもらうときは、相手の表情がきちんとわかるものを要求してください。
カメラマンのプロフィールアイコンにありがちな「ファインダーを覗いている写真」だと、顔がほとんどわからないので意味がありません。

「どんな言い方でカメラマンの顔写真を要求したらいいかわからない」という人は、↓の記事で紹介している「撮影の約束ごと(例文)」の最後に顔写真を求める文章があるので、コピペして自由に使ってください。

モデル経験がない人のための
ポートレート撮影

ウェディング歴10年のプロが撮影 密室に2人きりになることはありません 容姿・ご年齢でモデルを選びません 「安全なモデル活動」の情報をお届け

2021年に撮らせてくれた114名の方々
ありがとうございました !!!

写真をみる
結婚式撮影歴10年のプロカメラマン

本名&顔出しで、プロのウェディングフォトグラファーとして活動しています。ご不安なら当日に身分証での身元確認もOKです。
→プロフィールをみる
→ウェディングの実績はこちら

密室に2人きりになることはありません

当日、人目のない場所で2人きりになることはありません。スタジオなどの室内撮影・車移動はなく、都内の駅から徒歩圏内の戸外のみで撮影します。

容姿・ご年齢でモデルを選びません

容姿やご年齢を問わず、どなたでもお撮りします。事前にお顔や体型がわかる写真を送ってもらう必要はありません。

「安全なモデル活動」の情報をお届け

「これからポートレートモデルを続けていきたい」という方には、過去に起こったセクハラ事件やカメラマンとのトラブル対処法について、より詳しくお話しします。当日、撮影の合間にでもお声がけください。

撮影のご感想

「かわいくないのに被写体なんてしていいのかな」と思ってたけど…

私は自分の顔のパーツにコンプレックスをもっていて、少しでも自分を好きになりたいと思い、撮影をお願いしました。 当日「どんな人が来るんだろう」と緊張していましたが、会った瞬間から明るく気さくに話しかけてくれる松元さんに安心しました。

つづきを読む

撮影でも表情を作らなくてよかったり、会話の中で自然な笑顔を引き出してくれて、本当にただその瞬間の素の自分を撮っていただきました。 撮影後に松元さんが選んだ1枚の写真を、チェキのフィルムでプレゼントしてもらいました。 そして「自分が好きになれない自分の姿でも、他の人にはすごく魅力的に見えてることもありますよ」と言われ、他の人の目にうつる自分の良さを知りました。 できあがった写真をみて、「笑顔じゃなくても素敵な表情ってあるんだな」と思いました。 「私なんてかわいくないのに被写体なんてしてもいいのかな…」と思っていましたが、自分の良さを知るという本当に貴重な経験になりました。

出会ってすぐに引き出してもらえた笑顔

もともと興味はあったけど、被写体は緊張するし恥ずかしいし、って何かと理由をつけてやってこなかった。それがずっと自分の中でひっかかっていました。 40代になってもなお、心のどこかでずっとくすぶるぐらいなら行動に移そう、たぶん10年後も同じことを思っているはず、と思いカメラマンを探しました。

つづきを読む

松元さんの第一印象は、とっても物腰がやわらかくて気さくで心づかいの素晴らしい方だなという印象です。 いろいろな不安や緊張はありましたが、出会ってすぐに笑顔を引き出すプロのテクニックは凄いの一言です。 とても笑顔が多い写真を見ていると、今回の撮影の楽しさを物語っているなと思います。 やはり経験に勝るものはないし、松元さんに依頼してよかったと心から思っています。

コンプレックスが長所に変わった嬉しさ

カメラを向けられることへの苦手意識を克服したいと感じていたときに、松元さんのナチュラルで透明感のある写真に惹かれ、勇気を出してお願いしました。 このような撮影ははじめてだったので、前日からすごく緊張していました。 でも松元さんにお会いしてお話をしているうちに、あっという間に緊張がとけていくのを感じました。

つづきを読む

そのおかげか、いつもは自分の写真うつりを気にしすぎてしまうのですが、今回は全く気にならずに自然体でいられました。 撮影の2時間はあっという間で、本当に濃くて楽しかったです。 できあがった写真を見たとき、「こんなにも写真に自分の内面が出るものなのか」と驚いたのを覚えています。 今まで自分のナチュラルな表情はあまり好きではなかったのですが、少し好きになれました。 松元さんにコンプレックスを長所に変えてもらえて、すごく嬉しいです。 また、被写体のことを本当に考えて撮影してくれているのが伝わって、とても安心できました。

撮られてみたいけど
踏み出す勇気が出ない…
という方へ

僕のポートレート撮影では、モデルさんのあらゆる不安がすべて解消されてから、撮影のお話に進みます。「この人なら大丈夫!」と思えるまで、どんな些細なことでもご相談ください。

    E-mailアドレス*

    ご相談の内容

    InstagramTwitterのDMでもご相談をお受けしています。