Blog

ポートレートモデルの女性が安全に被写体活動をするために

ポートレートモデルを始めたばかりの女性からよく聞くのが、「SNSでDMを送ってくるカメラマンをどこまで信用していいのかわからない」という不安です。

そこで先輩モデルさんたちの体験談を元に、面識のない男性カメラマンとのトラブルを避けるポイントをまとめました。

女性のモデルさんとして被写体活動を安全に続けていくために知っておくべきお話なので、モデル初心者の方は最後まで読んでください。

カメラマンとのトラブル例

ポートレート撮影で起こりがちなカメラマンとのトラブルには、次のようなものがあります。

セクハラ系

  • 「撮影のため」と人目のつかない場所に誘われ、身体関係を迫られる
  • 撮影時にポーズの指示を装って体に触られる
  • カメラマンが用意した衣装を来て、指示通りのポーズをとったら、知らないうちに性的な写真(下着が見えてる、胸元が強調されてるなど)を撮られる。その写真を元に脅される。
  • ストーカーとなってつきまとわれる

金銭トラブル

  • 相互無償と言っていたのに、後になって事前に聞いていないお金を要求される
  • リクエストを断ったら、「それじゃイメージしてるものが撮れない!撮影にかかったお金を払え」と脅される

写真の使用上のトラブル

  • こちらが気づかないうちに撮られていた性的な写真をカメラマンがSNSに公開していたので、削除するよう求めても応じてくれない
  • SNS以外のもの(商用のWebサイト、コンテスト応募など)に勝手に写真を使われる

トラブルを避けるために

SNSでフォロワーが増えて、撮影依頼のDMを送ってくれるカメラマンが増えると、嬉しいですよね。
ただ、その中には撮影が目的ではないカメラマンも混ざっていることを忘れないでください。
ここからは、面識のないカメラマンとのトラブルを避けるための方法をお伝えします。

カメラマンとやりとりをする前に「撮影の約束ごと」を作る

まずはじめに、怪しいカメラマンをブロックするためのフィルターとして、「撮影の約束ごと」を作ってください。
「撮影の約束ごと」とは、あなたがモデルとして撮影を受ける条件やNG項目などをまとめたものです。
怪しいカメラマンが目をつけるのは「押せばいけそうな、流されやすい人」「嫌なことにはっきり意思表示をできない人」です。
撮影条件の中にNG項目をはっきりと書いておくことで、怪しいカメラマンからの接触を減らすことができます

「何を書けばいいのかわからない」という人は、先輩モデルさんたちが公開している撮影条件を見てみることをオススメします。
インスタのハイライトやTwitterの固定ツイートなどに載せているモデルさんが多いです。

その中から、多くのモデルさんがNGにしているものを挙げてみます。

モデルさんのNG項目

  • 初対面のカメラマンによる室内撮影(スタジオ・ホテルなど)
  • 車移動
  • 山奥や地方の海、廃墟など全く人通りのない場所での撮影
  • 露出の多い衣装
  • 下着や胸元が見えそうなきわどいポーズ
  • ボディタッチ(「ポーズの指示は口頭で」と書いているモデルさんもいます)

仮にあなたが未成年の初心者モデルで、相手が50代のベテランカメラマンであっても、お互いの立場は対等です。
遠慮せずに、やりたくないことははっきりと書いてください
OKとNGのラインが曖昧だと、撮影当日にカメラマンからの要求を断りきれず、撮影後に後悔…ということになりかねません。

文章をまとめるのが苦手という人のために、僕も「撮影の約束ごと」の例を作ってみました。
↓の記事からコピペして、自由に使ってください。

↑の記事で紹介している「撮影の約束ごと」は、先輩モデルさんたちへのヒアリングを元に、様々なトラブルを避けられるようかなり細かく書いています。
ご自身の性格を考えた上で、不要なものは消してください。

繰り返しますが、場の空気に流されやすい人、気の進まないことにイヤとはっきり言えない人、痴漢などの怖い思いをしたときに体が固まって動けなくなる人は、なるべく細かく条件を書いてください
トラブルへの対応力が弱いのなら、トラブルメーカーを寄せつけないことに全力投球してください。

承諾の意思確認を忘れずに

「撮影の約束ごと」について、もう一つ大切なことがあります。
それは、DMでのやりとりの始めに必ずカメラマンに全文を読んでもらい、「承諾します」の一言をもらうこと
承諾の意思確認ができるまでは、日程調整などの具体的な話を進めてはいけません。
また、何かトラブルがあったときに「そんな約束をした覚えはない」とごまかされないように、承諾の返事をスクリーンショットで残しておくと安心です。

カメラマンに事前に確認しておくこと

カメラマンとのやりとりが始まると、撮影日や場所などの具体的な話に入っていきます。
撮影当日、後日のトラブル防止のために、次の内容も確認してください。

事前にカメラマンに確認すること

  • 衣装はモデルさんの持っている服でOKか。カメラマンのイメージの服をモデルさんが持ってない場合、どちらが服代を負担するか。
    カメラマンが「衣装はこちらで用意します」という場合は、必ず事前に写真を送ってもらうこと。想像以上に露出の多い衣装の可能性もありますので。
  • 雨の場合、傘をさして撮影を決行するのか、延期するのか。当日になって雨を理由に、スタジオやホテルなど人目のつかない室内撮影を提案されないように
  • 写真のSNSでの公開はOKか。また、投稿の際にお互いの名前やアカウント名の表記は必要か。
    モデルさんの中には、撮影を受ける条件として「SNSに公開予定の写真を事前にチェックさせてください」と書いている人もいます。半目など明らかに美しくない写真や、胸元・下着などが見えている写真が公開されるのを防ぐためです。
  • 撮影後にデータをもらえるか。中には「データをモデルに渡さない」というカメラマンもいるので、事前に確認しておきましょう。

撮影当日に気をつけること

お互いを信頼して楽しく撮影できればいいのですが、それでもモデルさん側はある程度の警戒心をもっておいた方がいいです。
撮影中は、次のことに気をつけてください。

撮影中に気をつけること

  • ボディタッチ、きわどいポーズなど、ちょっとでも嫌だと思ったことははっきり口にする
  • 事前の約束ごとをカメラマンが守らない場合は、即中止&帰宅(相手の言い訳に耳を貸さない)
  • 雑談の流れで聞かれても、家や学校・職場の場所を言わない
  • 駅集合、駅解散を徹底(募集条件に明記してるモデルさんが多いです)。撮影後、駅に着いたのにカメラマンがついてこようとするなら、「この後近くで友達と待ち合わせてるので」と理由をつけてカメラマンと別れましょう
  • 撮影中に荷物をカメラマンに預ける場合でも、スマホだけは自分でもっておく。夏場などポケットのない服だと難しいかもしれませんが、緊急時の連絡手段は確保しておくべきです
  • 撮影前後にカメラマンとカフェなどに入る場合、地下など中の様子がわからない店・得体の知れない店には入らない。チェーン店のカフェや窓が大きく外の人から見えるお店にすること

2020年に、ある人気モデルさんが遭遇した事件が話題になりました。
モデルさんが男性カメラマンと室内撮影をしていたところ、男性カメラマンが突然ズボンを下ろし始めたというのです。
すかさずモデルさんが「これ以上何かするなら警察呼びますよ」と言ったことで、無事その場から抜け出せたとのこと。

経験豊富なベテランモデルでさえ、豹変する相手を完璧に見抜くのは難しいんです。
カメラマンの第一印象がよかったとしても、あなたの中のOKとNGのラインは絶対に崩さないでください

ちなみに、モデルさんの中には「トラブル防止のためにカメラマンの身元確認を徹底している。撮影開始前に相手の免許証を見せてもらえばトラブルが起こりにくい」という方もいるようです。

でもこの方法は、モデルさん側に大きなリスクがあるように思えます。
その理由と代わりの方法について、↓の記事でお伝えしています。

先輩モデルさんからのアドバイス

最後に、先輩モデルさんたちが教えてくれたトラブル予防、対応方法をご紹介します。

カメラマンのアカウントでモデルのタグづけをチェック

【モデル歴1年 Aさん】

カメラマンが怪しい人かを判断するために、相手が投稿している写真にモデルさんのアカウント表記やタグ付けがされているかを確認した方がいいです。
モデルさんの紹介が少ないアカウントは、トラブルでモデルさんとの関係がこじれている可能性があるので、関わらない方が無難です。

少しでも怪しいと思ったら即ブロック

【モデル歴1年 Bさん】

DMでのやりとりの中で、少しでも相手のカメラマンに違和感を感じたり、怪しいと思ったら、次の文面を送って即ブロック。
「申し訳ありませんが、ここまでのやりとりの中で安心して当日を迎えるのが難しいと判断いたしましたので、撮影をお受けできません。今後一切のお返事もできませんのでご了承ください」
相手の質問や投げかけにはいちいち答えずに、迷わず即ブロックをすること。
切りどころがわからなくなります。

待ち合わせ直後の第一声

【モデル歴2年 Cさん】

撮影当日にカメラマンと顔を合わせたら、次のセリフを言うようにしています。
「男性のカメラマンさんに会いに行くことを、一緒に住んでる兄が心配してるんです。たぶん法律関係の仕事してるからだと思うんですけど。DMの感じだといい人っぽいから大丈夫って言ったんですけどね。
今日お会いしてみてやっぱりいい人そうだったから、安心しました」

相手を持ち上げつつ、こちらの身内に犯罪に敏感な人間がいることをほのめかして、防犯効果を狙ってます。

家の場所を聞かれたときのごまかし方

【モデル歴2年 Dさん】

雑談の流れでカメラマンに住んでいるところを聞かれることがあります。
悪気のない人もいるけど、誰がいつストーカー化するかわからないから、自宅や職場のエリアは絶対に教えません。
もし聞かれたら、私は笑いながら「秘密です!」と流しています。セクハラ発言をしてくる上司への対応に近いかも。
それでも軽いノリで聞いてくるカメラマンには、「〇〇さんはそんな人じゃないと思うんですけど、昔ストーカー被害にあったことがあって、初対面の方には家の場所を言わないようにしてるんです。ごめんなさい」と伝えることもあります。
空気が悪くならないように、そこからすかさず「カメラマンさんの住んでる街はどんなところなんですか?」と、相手に喋らせる流れにつなげるようにしています。

もし身の危険を感じたら

【モデル歴3年 Eさん】

撮影中にポーズの指示に見せかけたボディタッチがひどいカメラマンがいました。言ってもやめてくれないので帰ろうとしたら、腕をつかまれたんです。
そこで私は、「撮影中の私の居場所をスマホのGPSで兄(または父)が見ています。近くにいるので、来てもらいますよ」と言いました。ようやくカメラマンは諦めたようで、無事その場を離れることができました。
監視役(という架空の設定)は彼氏ではなく、兄や父にするのがポイントです。
カメラマンの中には、モデルの彼氏という存在を目の敵にしている人がいるので、火に油を注ぐことになりかねません。
アイドルに彼氏がいることがわかると、発狂するファンに近いかも。

男性カメラマンのストーカー化を防ぐために

モデルさんの何気ない行動や発言を異性的な好意と勘違いして、ストーカー化してしまう男性カメラマン。
そんなトラブルを未然に防ぐ方法については、↓の記事をご覧ください。

おわりに

不安をあおるような話ばかりをしてしまいましたが、モデルさんが身の危険を感じるレベルのカメラマンは、おそらくごく一部です。
それでも予防策や対処法を知っておけば、余計な不安を抱えることなく撮影を楽しめるはずです。

もしここに書かれていないトラブルを経験した方がいらっしゃったら、↓のいずれかの方法で情報を共有してくださると助かります。

・当サイトのお問い合わせフォーム
Instagram(@kaoru_m410)
Twitter(@kaoru_m410)

いただいた情報を元に、今後も加筆・修正していきます。

ウェディングフォトグラファー 松元 馨

男性カメラマンのストーカー化を防ぐために

「撮影のときは感じのいい人だったんです。でも撮影が終わった後も頻繁に連絡が来るようになって、段々とエスカレートしていきました」

男性カメラマンによるストーカー経験のあるモデルさんが、当時の様子をそう語ってくれました。

ストーカーを未然に防ぐためには、相手を異性として勘違いさせないことが大切です。
特に「自分ではそんなつもりはないのに、いつのまにか好意を持たれてると男性に勘違いされることが多い」という女性は要注意です。

若い女性のポートレートを趣味で撮っているカメラマンのメイン層は、中高年男性です。
その中でも特に、恋愛経験や女性との関わりが少ない男性は、モデルさんの何気ない行動や言動を「自分への好意」と思いこむことで、異性的な勘違いをしやすいです。

モデルさんがDMにハートの絵文字を入れただけで、「この子は俺のことが好きなんだ」と思いこむカメラマンが本当にいるんです。

カメラマンとの距離感に波を作らない

冒頭の女性モデルさんにストーカー被害にいたるまでの流れを聞いてみると、次のように教えてくれました。

「撮影の時間はとても楽しく、撮ってもらった写真もすごく素敵だったんです。
まだモデルを始めたばかりの私は嬉しくて、しばらくの間そのカメラマンのSNSアカウントに気軽に絡みにいったり、暇なときにはDMで雑談をすることもありました。
でも、私に他のカメラマンさんとのつながりもできてくると、段々とそのカメラマンさんと連絡をとることは減っていきました

相手の男性をエスカレートさせる原因はここにあります。

男性カメラマンをストーカー化させないためには、相手との距離感に波を作らないこと。
「この人とプライベートでも仲良くなりたい」と思わないなら、親しくなりすぎないように、最初から最後まで一定の距離を保ってください

特に自分の意思表示が苦手で流されやすい人は、相手が話上手だとついそのペースに乗せられてしまいがちです。
街中のナンパや怪しいスカウト系の男性に声をかけられたときに、無視して歩き続けることができず、つい立ち止まって話を聞いてしまうような方は要注意。

相手がどんなタイプだろうと自分の姿勢を変えず、淡々とやりとりする意識をもってください。

撮影前後のやりとりで気をつけること

撮影前後のDMやメールでのやりとりの中にも、男性カメラマンを勘違いさせかねない行為があります。
ご自分で思い当たるものがないか、チェックしてみてください。

撮影と関係のない雑談をしない

事前のDMでのやりとりでは、撮影に必要な確認だけをすること。
相手のカメラマンから撮影と関係ない質問をされても、答えずに流すか「お答えしかねます」とはっきり拒否の意思表示をしてください。

撮影に必要な確認が終わったら、「それでは当日よろしくお願いします」などの形で、さっさとラリーを終わらせること
ダラダラとカメラマンの雑談に付き合っていると、「いつでも話し相手になってくれる」と勘違いされる可能性があります。

電話は避ける

事前・事後のやりとりはDMやメールのみにすること。
電話やSNSでの通話などを相手に求められても、応じないでください。

電話だと必要な確認だけで終わらず雑談に流れて長引くことが多く、切るタイミングを見失いがちです。
それに電話は、DMやメールのように「返事をする前に立ち止まって冷静に考える時間」がとれません
また、相手の男性に「電話で声を聞かせてくれた」と異性的な勘違いをさせるおそれがあります。

使う絵文字やスタンプに注意する

「ハートの絵文字=俺のことが好き」と思いこんでしまう男性がいます。
普段から使う癖のある人は、無難な絵文字に置きかえてください。
いつもよりちょっと固いくらいの文面の方が、相手を勘違いさせないという意味ではちょうどいいのかも。

事後のお礼は「撮影限定」の言葉選びを

楽しい撮影・素敵な写真をくれたカメラマンには、感謝の気持ちを伝えたくなりますよね。
もちろん、思いを率直に伝えるのは悪いことではありません。

ただ、長引かせないように注意してください。
伝えることを伝えたら、スパッとラリーを終わらせること。
相手の返事にいつまでも律儀に言葉を返していると、切りどころがわからなくなります。

また、カメラマンに感謝の気持ちを伝えるときは、「カメラマンさんとしての気遣いが〜」とか「写真の優しい空気感が素敵で〜」のように、その褒め言葉の対象はあくまでも「撮影に限ったこと」だとわかるような言い方をした方がいいです。
「〇〇さんの優しさがとっても嬉しかったです!」のような言い方をすると、「俺は男として褒められてる」と受けとられかねません。

素敵な写真を撮ってもらった後は、特に気持ちが高ぶりやすいので注意してください。

撮影当日の注意

撮影当日にカメラマンとの雑談が盛り上がれば楽しい時間になるし、写真の中の表情もやわらかくなりますよね。
僕も撮影のときは、モデルさんとたくさんの雑談をして一緒に笑っています。

それでもやっぱり、モデルさんはカメラマンに対して一定の警戒心をもっておくべきです。
その場を楽しみながらも、「自分の中のOKとNGのラインを絶対に崩さない」という意識を、胸の奥に置いておくこと。

撮影当日にカメラマンを勘違いさせないためには、次のことに気をつけてください。

カメラマンを下の名前やニックネームなどで呼ばない

親しい呼び名は、思った以上に相手の心の距離感を麻痺させます
相手のカメラマンがあなたを「〇〇ちゃん(下の名前)」とフレンドリーに呼んできても、あなたはカメラマンを「〇〇(名字)さん」と呼んでおいた方が無難です。
SNSアカウント名しかわからない場合でも、「アカウント名+さん」の距離感を崩さないこと。

恋愛系の話をしない

カメラマンの中には、恋愛系の話を振ってくる人がいます。
恋愛の話も相手を勘違いさせることにつながるので、「どうなんでしょうねー」と流すか、「そういうのは答えたくありません」ときっぱり拒否した方がいいです。

前に僕のポートレート撮影に来てくれた大学1年生の女の子がいました。
被写体活動をしようと思った理由を聞いてみると、彼女はこう答えました。

「今まで部活ばかりやってたから、それ以外のことをあまり知らないんです。恋愛経験も少なくて。だから大学からは色んなことにチャレンジしてみたいと思って」

この「恋愛経験が少ない」という言葉もけっこう危ない
恋愛経験の少ない男性カメラマンが「この子なら俺でもいけるかも」と勘違いします。

もう一つ危ないのが、好きなタイプの話。
仮に本当のことでも「大人の男性が好き」なんて言っちゃダメですよ。
「落ち着きと余裕のある大人の男性が好き」なのに、落ち着きも余裕もない年配男性を舞い上がらせる可能性が高いです。

相談ごとをしない

学生のモデルさんの中には就活などの悩みを話したくなる人もいるかもしれませんが、これもやめた方がいいです。
この子は俺を特別に頼りにしている」「俺がこの子を守ってあげないと」と勘違いさせかねません。

自宅・学校・職場の場所についての話をしない

前に僕の撮影に来てくれたモデルさんで、待ち合わせるなり「この撮影場所、うちからすぐ近くだったので助かりました。歩いて来れたんですよ」と言った人がいました。

自宅や学校・職場の場所のヒントになるようなことは、相手から聞かれても絶対に言わないでください。
相手がストーカー化してから危険な思いをするまでのスパンがグッと早まります

同じカメラマンに2度3度と撮ってもらうときの注意

一度撮影してもらったカメラマンとの再撮影では、事前のやりとりもくだけた口調になりやすいです。

モデルさんの「撮影が楽しみです!」という言葉に対して、カメラマンが「俺も早く会いたいよ」と返してくるなど、相手の言葉に少しでも違和感を感じたらすぐに関わるのをやめた方がいいです。

また、面識のあるカメラマンからは「一緒に衣装を選びに行こう」「撮影の打ち合わせで飲みに行こう」と、撮影当日の他にもお誘いを受けることがあります。
そのときに、乗るべき誘いとそうでないものとをはっきり区別してください
繰り返しますが、流されやすい人は特に「自分にとって、相手にとってどんなメリットがあるのか」をよく考えた上で、お誘いに乗るかを判断してください。

一度でも誘いに乗ると、恋愛経験の少ない男性は「このチャンスを逃したら次はない」と必死になって執着するおそれがあります。

僕が勘違いしそうになったモデルさんの行動

今でこそ偉そうにこんな記事を書いていますが、正直にいうと、僕もモデルさんの行動や言葉に勘違いをしそうになったことがあります。

雑談中に笑いながら体に触れてきたり、撮った写真をカメラのモニターで確認してるときにぴったりくっついて覗きこんできたり、「一口もらってもいいですか?」と人の飲み物を手にとったり。

そのときの僕は「これ、気に入られてる?」と前のめりになりそうになる自分に「いや、小悪魔的なもてあそびでしょ」と言い聞かせてなんとか冷静になった覚えがあります。

人によってはそのまま突っ走ることもあるかと思うので、小悪魔女子は気をつけてください。
というか、こっちも精神的にヘトヘトになるので本当勘弁して。

※ストーカー以外の男性カメラマンとのトラブル防止策、対応方法については↓の記事にまとめています。

カメラマンとのトラブル防止に「撮影の約束ごと」を作ろう

怪しいカメラマンを寄せつけないためには、SNSのDMでカメラマンとのやりとりを始める前に「撮影の約束ごと」を作るのが大切です。
「撮影の約束ごと」とは、あなたがモデルとして撮影を受ける条件やNG項目などをまとめたもの。

SNSで怪しいカメラマンが目をつけるのは「押せばいけそうな、流されやすい人」「嫌なことにはっきり意思表示をできない人」です。
撮影条件の中にNG項目をはっきりと書いておくことで、怪しいカメラマンからの接触を減らすことができます

この記事では、先輩モデルさんたちが経験した様々なトラブルを参考に、僕が作った「撮影の約束ごと」の例文をご紹介します。
コピペして自由に使ってください。

【撮影のお約束(例文)】

お互いを信頼して気持ちよく撮影ができるように、お約束ごとをまとめました。
モデルご依頼の前に、全ての内容をご確認ください。

■撮影場所について
・公共交通機関の駅から徒歩圏内の場所(車移動はNG)
・第三者の目のある屋外
・当日突然雨になった場合でも、スタジオやホテルなどの室内撮影には対応できません。傘をさしての屋外撮影か、東京国際フォーラム・国立新美術館(事前申請なしでポトレ撮影OK)のような第三者の目の届く施設での撮影、もしくは延期をお願いします。
※ 少なくとも2回以上お会いした上で、こちらが信頼できると判断した方とはスタジオ撮影なども検討いたします。

■撮影時間
・長くても2時間までとさせていただきます。開始、終了時間が明確でない撮影はお受けできません。
・駅集合、駅解散でお願いします。撮影時間は、集合時間から解散時間までとさせていただきます。

■衣装
・基本的にこちらがもっている服の中で対応いたします
・カメラマン様がご自分のイメージの衣装をご購入される場合は、費用のご負担をお願いします。また、ご購入される前に必ず服の写真を送ってください。露出の多いものなど、こちらが着用できないと判断したものはお断りします。
こちらへの確認なくご購入されたものについて、料金負担などの対応はできません。

■撮影料金・モデル料金
相互無償でお願いします。
撮影場所に何らかの料金がかかる場合は、ご負担をお願いします。
また、キャンセル料など後で発生する可能性がある料金については、必ず撮影日のご相談の前にお伝えください。
後出しの請求には一切対応いたしません。

■撮影中のNG行為
・下着や胸元が見えそうなきわどいポーズの要求
・スカート着用時の過度なローアングル撮影
・ボディタッチ(ポーズの指示を含め、いかなる理由でもNGです)
・事前にご相談のないリクエスト。当日にいきなり「今日は彼氏との初デートの設定で」と言われてグイグイ距離をつめられても対応できません。
・「これくらい他のモデルはみんなやってる」「そんなんじゃモデルとしてやっていけない」など、こちらのNGの意思を尊重していただけない発言や行為

お約束を守っていただけない場合は、撮影を即中止させていただきます。その際、撮影にかかった費用などカメラマン様側のいかなる損害にも対応いたしません。

■写真の使用について
・SNSにカメラマン様が公開した写真の中で、こちらの意に沿わないものについては削除のお願いをすることがあります。そのときはご対応お願いいたします。
・SNS以外での使用については必ず事前にご相談ください。
・写真は私のSNSでもご紹介させてください。私が公開した写真の中で削除した方がいいものがあればご連絡ください。

■具体的な撮影のお話に進む前に
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
ご承諾いただけるようでしたら、その旨をDMにてお伝えください。
撮影の具体的なお話に進む前に、最後に一つだけお願いがあります。
カメラマン様の顔写真を送ってください。
万が一撮影中にトラブルが発生した場合、カメラマン様の手元には私の写真が残りますが、私の手元にはカメラマン様の情報が何も残りません。
お互いに対等な立場で信頼関係を築き、安心して撮影を楽しめるようにご協力をお願いします。

この例文は、先輩モデルさんたちへのヒアリングを元に、様々なトラブルを避けられるようかなり細かく書いています。
ご自身の性格を考えた上で、不要なものは消してください。

ただ、場の空気に流されやすい人、気の進まないことにイヤとはっきり言えない人、痴漢などの怖い思いをしたときに体が固まって動けなくなる人は、なるべく細かく条件を書いておいた方がいいです
トラブルへの対応力が弱いのなら、トラブルメーカーを寄せつけないことに全力投球してください。

カメラマンとのトラブルの対応方法については、↓の記事に細かく書いています。合わせて読んでみてください。

カメラマンには身分証提示よりも顔写真を要求しよう【撮影トラブル回避】

モデル初心者の女性が安全に被写体活動をするために』の記事について、次のようなご意見をいただきました。

「男性カメラマンによるトラブル防止のためには身元確認が一番。撮影前にカメラマンの免許証を見せてもらえばいいのでは?」

撮影当日に限っていえば、確かに犯罪の抑制効果があると思います。
ただ、この方法を僕が胸を張ってモデルさんにお勧めできるかというと、ちょっと難しいです。
その理由と代わりの方法を、この記事でお伝えします。

女性モデルが男性カメラマンに身分証の提示を求めるリスク

まず、モデルさんが男性カメラマンに身分証の提示を求めるということは、相手からも同じ要求をされかねません
「俺があなたに免許証を見せたんだから、あなたも身分証見せてよ。じゃないと不公平でしょ?」と言われたときに、相手を納得させる言葉が思いつくでしょうか。

モデルさんの中には、「自分の身分証も相手に見せてお互いにスマホで撮影する。トラブルなく撮影を終えたら、お互いの確認の元、スマホから身分証の画像を消す」というやり方をしている人もいるようです。

ただこの方法は公平なように見えて、実はモデルさん側のリスクの方が高いです。

カメラマンから「住所をモデルさんに知られることで、後日トラブルにあった」という話は聞いたことがありません。
でも、撮影後に男性カメラマンがストーカーとなってモデルさんにつきまとうという事件は珍しくないのです。

それに「撮影終了後にお互いのスマホから身分証の画像を消す」とはいっても、その前に同じ画像を別の場所に複製すること(クラウドに自動保存、SNSに非公開で投稿、メール送信など)は簡単にできます。
すると結果的に、あなたのスマホからはカメラマンの情報が綺麗に消えますが、カメラマンの手元にはあなたの名前も住所も残ることになる。

そう考えると、モデルさんが身分証の提示をカメラマンに求めるのは、やっぱりちょっと危ない気がします。

事前にカメラマンの顔写真を送ってもらおう

僕がモデルさんにお勧めしているのは、会う前にカメラマンの顔写真を送ってもらう方法です。

そもそもポートレート撮影の場合、カメラマンの手元には作品という名のモデルさんの写真が大量に残るのに、モデルさんの手元にはカメラマンの顔写真は1枚も残らないという前提が恐ろしくアンバランスなんです。

よからぬことを考える男性カメラマンが嫌がるのは、自分の情報が被害女性の元に残ることです。
SNSアカウントのように簡単に変更・削除ができる情報ではなく、顔写真・本名・住所・勤め先などのリアルな情報は、相手に残したくないんです。
なので、カメラマンの顔写真をモデルさんが持っているというだけでも、ある程度の犯罪抑制効果はあるはず。

一つ注意として、カメラマンから顔写真をもらうときは、相手の表情がきちんとわかるものを要求してください。
カメラマンのプロフィールアイコンにありがちな「クールな表情でファインダーを覗いている写真」だと、顔がほとんどわからないので意味がありません。

「どんな言い方でカメラマンの顔写真を要求したらいいかわからない」という人は、↓の記事内の「撮影の約束ごと(例文)」の最後に顔写真要求のくだりがあるので、コピペして自由に使ってください。