Blog

女性ポートレートモデルからの撮影依頼のDMを増やすために

「インスタでいい感じの写真を毎日アップしてるし、タグも大量につけてる。なのにモデルさんから撮影依頼のDMが届かない」

そんなカメラマンさんは、自分の写真のアピールの前に、大切なことを見落としているかもしれません。

そもそも若い女性にとって、面識のないネットの向こうの男性とは「得体の知れない怪しい人」です。
男性カメラマンは(僕も含めて)、モデルさんから強い警戒心を抱かれているんです。

撮影依頼のDMを増やしたいのなら、まずはこの警戒心を解く方法を優先的に考える必要があります。

モデルさんに信頼されるSNSアカウントとは?

SNSのプロフィールページや投稿文を自己アピールだけで埋めても、モデルさんの警戒心は解けません。
「自分の写真への思いを知ってほしい!」という気持ちをグッとおさえて、モデルさんに何を伝えれば安心してもらえるのかを考えてみましょう。

アイコンは顔写真、アカウント名は本名が最も信頼される

インスタやTwitterなどのSNSでは、プロを除くと匿名・顔写真なしのカメラマンが多いです。

モデルさんの警戒心を解きたかったら、まずは自分の名前と顔写真をアカウントで公開してしまうのが手っ取り早いです。
そこで初めて「ネットの向こうの得体の知れない相手」から、「一人の男性カメラマン」としてモデルさんに認識してもらえることになります。

中には「個人情報をネットに晒すのは怖い」というカメラマンさんもいますよね。

でも考えてみてください。
多くのポートレートカメラマンは、必ず事前にモデルさんの姿がはっきりとわかる写真を確認してるはずです。
相手の顔写真を見て、自分のイメージや好みに合うかを確認することで、安心して前向きに撮影の話を進めていきますよね。

だとしたら、やっぱりカメラマンもモデルさんに自分の顔写真を見てもらうべきだと思うんです。
モデルさんから信頼してもらいたい。けど自分の顔写真は見られたくない」というのは、お互いの立場や抱えてるリスクの大きさがひどくアンバランスに感じます。

カメラマンさんの中には、クールな表情でファインダーを覗いてる写真をアイコンにしてる人も多いですよね。
かっこいい写真ではあるのですが、表情がカメラに隠れてほとんど見えないので、信頼性という意味では効果が弱いです。

モデルさんの警戒心を解くことを優先するなら、顔がきちんと見える写真を選んでください。

被写体募集文の中で、モデルさんの不安を解消する

「被写体さん募集中」の投稿文を、自分のやりたい撮影や求めているモデルさんの条件だけで埋めていませんか?

実は僕も最初の頃はそうでした。
そのときの募集文は↓のような感じです。

「モデル経験のない女性を無料で撮ります。あなたが本来もっている魅力的な表情を見つけて写真に残します。
お気軽にDMください」

※僕のポートレート撮影は「モデル経験のない初心者の女性を戸外で撮り歩く」という内容です。

この募集文に対するモデルさんからの反応はほとんどありませんでした。
そこで募集文に↓の内容を加えたところ、撮影依頼のDMがグッと増えたんです。

  • 撮影は都内の野外(車移動なし)で、約2時間
  • 衣装はお持ちの服でOK
  • 容姿によるモデルの選り好みはせず、DMの着順に全員を撮る
  • 撮影中は無理に笑おうとしなくて大丈夫。笑顔の他にも魅力的な表情はきっとあるから
  • ポージングの技術も知識も必要なし

これらは全て、僕の撮影に興味をもってくれた方が抱くことの多い不安を解消する内容になってます。
それぞれの項目を、モデルさんの不安と組み合わせた上でもう一度見てみましょう。

  • モデルさん「被写体やってみたいけど、人目のつかないところで危ない目にあったら嫌だな…」
    →野外撮影だし、車移動もありません
  • 「撮影用に特別な服を用意しなくちゃいけないのかな」
    →持ってる服でOKです
  • 「私は美人でもスタイルがいいわけでもないのに、モデル応募なんてしていいのかな…」
    →容姿でモデルを選びません
  • 「カメラの前で自然に笑う自信がないんだけど、大丈夫かな…」
    →笑顔じゃなくても魅力的な表情はきっとあるから大丈夫です
  • 「いかにもモデルって感じのポーズをとるのが恥ずかしいし、そんな知識もないんだけど大丈夫かな…」
    →無理にポーズをとらなくて大丈夫です

僕の撮影の対象は「モデル経験のない初心者の女性」なので、その人たちを思い浮かべながら一つ一つの疑問に答えていくんです。

もちろんカメラマンさんの撮影内容や求めるモデルさんのタイプによって、書くべき内容は変わるはず。

もし自分のターゲット層のモデルさんが抱えている不安が思い浮かばないという方は、モデルさんが公開している「撮影を受ける条件」を見てみてください
SNSだとプロフィールページ、ハイライト(Instagram)、固定ツイート(Twitter)などに記載されていることが多いです。

モデルさん側の条件をいくつか見てみると、「面識のない男性カメラマンによる室内撮影、車移動はNG」という記載が多いことに気づくはず。
このNG項目は、カメラマンに対するモデルさんの不安そのものです。

だったら、カメラマン側が自分のアカウントに「撮影場所は公共交通機関から徒歩圏内です」「駅集合・駅解散です」と先回りして書いてあげれば、モデルさんの警戒心はかなり弱まるはずです。

あわよくば精神を捨てられるか

「あわよくば精神」と「モデルさんからの信頼獲得」の両立は難しいです。
あわよくば精神は、言葉の歯切れを悪くするからです。

「あわよくば撮影後にこの子と飲みに(ホテルに)行けたら…」という期待があると、「駅集合・駅解散」という約束を事前にはっきり提示することができません。
するとモデルさんからの信頼を得ることができず、いつまで経っても撮影依頼は増えない。

そもそも日常的に周りの女子からアプローチされるような男性でもない限り、撮影後に中高年の男性カメラマンと同じ時間を過ごしたがる若くてかわいい女子なんていません

撮影は撮影でモデルさんの不安解消を優先する。
若くてかわいい女子とデートがしたいならレンタル彼女的なサービスを使う。
性欲解消ならそっちのサービスにお金を払う。

そんなふうに目的と手段を切り分けた方が、それぞれの欲求がスムーズに解消されると思います。

投稿内でモデルさんを紹介することで信用度が上がる

撮影したポートレート写真を投稿するときに、「model: @〜」のような形でモデルさんのアカウント情報を添えたり、タグづけをしているカメラマンさんは多いですよね。
このようなモデル紹介の情報は、カメラマンだけでなく、意外と他のモデルさんたちも見ています

あるモデルさんが、男性カメラマンとのトラブル防止法として次のように語っていました。

【モデル歴1年 Aさん】

カメラマンが怪しい人かを判断するために、相手が投稿している写真にモデルさんのアカウント表記やタグ付けがされているかを確認した方がいいです。
モデルさんの紹介が少ないアカウントは、トラブルでモデルさんとの関係がこじれている可能性があるので、関わらない方が無難です。

つまり投稿写真にモデルさんの紹介が少ないと、その時点で依頼相手の候補から外される可能性があるということ。
事前にお互いの意思を確認した上で、モデルさんの情報はなるべく載せた方がよさそうです。

余談ですが、僕は基本的に投稿内でのモデルさんの紹介はしていません。
僕の撮影は「モデル経験のない女性」が対象なので、必ずしも自分のアカウント情報が広められることを喜ぶ人ばかりではないからです。

何らかの理由で「投稿内でのモデル紹介をしたくない」という人は、他のところ(顔写真や名前の公開、モデルさんの疑問への回答など)で信頼性を補うことをお勧めします。

WEBサイトを用意する

ここからはちょっと手間のかかる内容なので、「できれば」くらいのニュアンスで読んでください。

僕の撮影に来てくれたモデルさんに話を聞くと、「Webサイトを見て安心した」という方が少なくありません。

「自分はプロじゃないんだから、Webサイトをもつなんて大袈裟でしょ」と考えるカメラマンさんもいるかもしれませんが、意外とサイトの有無を見ているモデルさんは多いです。

今は専門的な知識がなくても用意されたテンプレートを組み合わせるだけで、見栄えのいいサイトが簡単に作れます。
写真の投稿も、SNS感覚で簡単にできます。
広告のないサイトを維持するにはサーバーのレンタル料などがかかりますが、僕が払っているのは月に数百円です。

サイトには、少なくとも「プロフィールページ」「これまでに撮った作品」「撮影の条件や約束ごと」「お問い合わせフォーム」を置いておきましょう。
プロフィールページでは、きちんと本名と顔写真を出した方がモデルさんからの信頼度が高まるのはいうまでもありません。
余力があればブログ的なページも追加すると、よりあなたの人間性をモデルさんに知ってもらうことができます。

僕は「WORDPRESS」というものを使ってサイトを作ったり、記事を更新したりしているので、興味のある方は調べてみてください。