ハイアットリージェンシー東京
持ち込みカメラマンの撮影ルール

撮影の可否

  • メイクシーン
  • ロケーション撮影
  • 挙式リハーサル
  • 親族紹介
  • 挙式
  • 披露宴

ルールの詳細

ハイアットリージェンシーでは、持ち込みカメラマンだからといって、撮影内容に大きな制限を課されることはありません。むしろ、外注カメラマンであっても「二人のためなら」と必要な情報を丁寧に共有してくれるホテルです。

メイクルームは、撮影NGと事前に聞いていましたが、当日は新郎新婦の支度が完了した時点で「少し撮りますか?」と介添えさんが声をかけてくれ、メイクルーム内での写真を撮らせてもらえました。

その後のロケーション撮影(ホテル内の絵になるスポットを回ってのポーズ写真)では、チャペルのあるフロアを中心に、比較的ゆったりと時間を作ってもらえました。

※ 上記の持ち込みルールは、過去に私が撮影したときのものです。
その後内容が変わっている可能性があるので、
必ずご自身で現在のルールを式場にご確認ください。