メルヴェーユ
持ち込みカメラマンの撮影ルール

撮影の可否

  • メイクシーン
  • ロケーション撮影
  • 挙式リハーサル
  • 親族紹介
  • 挙式
  • 披露宴

ルールの詳細

メルヴェーユでのロケーション撮影は、挙式リハーサル後にチャペル内で5分~10分程度。

挙式中(キリスト式)はバージンロードと祭壇に加えて、ゲスト席の最前列(ご両親が座っているところ)の前は立ち入り禁止のため、入場シーンを正面から撮ることはできません。それ以外は自由に動いての撮影ができます。 メルヴェーユのチャペルは、挙式中に牧師と向かい合う(ゲストに背を向けている)新郎新婦の表情を撮りにくい構造になっています。指輪交換やベールアップ~ウェディングキスなど、新郎新婦が向かい合う場面は問題ありません。

※ 上記の持ち込みルールは、過去に私が撮影に入ったときのものです。その後、内容が変わっている可能性があるので、必ずご自身で現在のルールを式場にご確認ください。