KAORU MATSUMOTO Photographer

シーサイドリビエラ
持ち込みカメラマンの撮影ルール

撮影の可否

  • メイクシーン
  • ロケーション撮影
  • 挙式リハーサル
  • 親族紹介
  • 挙式
  • 披露宴

ルールの詳細

シーサイドリビエラは、原則カメラマン持ち込み禁止のようです。なので、カメラマンを持ち込むとしたら、あくまで1人のゲストとして席を設けて招待をし、動ける範囲で撮ってもらう形になります。その場合、他のゲストが立ち入り禁止の場所には持ち込みカメラマンも同様に入ることができません。

リビエラ系列の式場は少し特殊で、一般的な持ち込み禁止の式場と比べると、若干融通を聞かせてくれる部分があります。例えば、親族紹介・挙式リハーサルには他のゲストは入れませんが、ゲストとしてのカメラマンである私は入室・撮影が許されました。

また、ロケーション撮影は、挙式前にはさせてもらえませんが、披露宴おひらき後には(お色直し後の姿で)、宴会場の内外で撮らせてもらえます。

基本的なルールはあるけれど、「可能な範囲で2人のためにできることをやってあげたい」という姿勢の式場です。

※ 上記の持ち込みルールは、過去に私が撮影したときのものです。
その後内容が変わっている可能性があるので、
必ずご自身で現在のルールを式場にご確認ください。