KAORU MATSUMOTO Photographer

マグナス東京の結婚式を写真で解説!持ち込みNG式場での披露宴撮影

フォトラウンドでテーブルのピッチャーにビールを注ぐ新郎

ウェディングフォトグラファーの松元馨(まつもとかおる)です。
前回ご紹介したマグナス東京の挙式編に続き、今回は披露宴編です。

挙式では「ゲスト席から動かずに撮影」という大きな制限がありましたが、披露宴では一ゲストの立場であるカメラマンでも自由に動きながら撮影することができます。

この記事では披露宴の流れを写真で追いつつ、宴中の撮影について知っておくべきポイントをお伝えします。

(挙式編はこちら↓)

カメラマンの席はどこに用意すべき?

持ち込み禁止式場で外部カメラマンに撮影してもらうには、カメラマンを一人のゲストとして招待する必要があります。披露宴では、ゲストであるカメラマンの席・食事・引き出物も用意するということです。
カメラマンの席は、事情を伝えやすい新郎新婦の友人席に加えるといいでしょう。

たまに親族紹介のように身内しか立ち入れない場の撮影をしてもらうために、持ち込みカメラマンを親族の一人に見立てようとする新郎新婦がいますが、それはお勧めしません。カメラマンも親族の一人とするなら、親族紹介の場で架空の続柄・名前を口にする必要があります。また、親族集合写真にも加わる必要が出てきます。

あらかじめ事情をご親族のみなさんに説明しておけば大丈夫と思うかもしれませんが、それでも年輩の方の中には理解できずに混乱してしまうことがあります。
結婚式を楽しみに遠くから来てくれたおばあちゃんを混乱させてまで、親族紹介撮影を強行する必要があるのかな…というのが、私の個人的な考えです。

披露宴会場について

披露宴会場のゲストテーブルのセッティング

持ち込みカメラマンが披露宴会場内に入ることができるのは、他のゲストと同じタイミングです。
このようなテーブルセッティングの写真は、他のゲストが席に着く前に急いで撮ることになります。

高砂の花

高砂のお花。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキも既に高砂の隣に用意されていました。。

マグナス東京の披露宴会場

写真の左奥に高砂があります。ムービー上映時には、写真右奥のカーテンのあたりにスクリーンがおりてきます。

開宴〜お色直し中座

メッセージカードを読む男性ゲスト

開宴を待つゲスト。

ペーパーアイテムの作者として紹介される女性ゲスト

ここで、ペーパーアイテムの作者である女性が司会に紹介されました。

新婦のネイル担当として紹介される女性ゲスト

新婦のネイルを担当したご親族も、他のゲストに紹介されます。

入場する新郎新婦

いよいよ開宴。
新郎新婦の入場。

開宴の挨拶をする新郎

まずは、新郎からのご挨拶。

スピーチをする男性ゲスト

新郎側のゲストからのお祝いの言葉。

ゲストのスピーチに笑う新郎

聞いてる新郎もいい顔してます。

グラスに注がれる乾杯酒

続いて司会者が新郎新婦のプロフィールを紹介します。
その間に乾杯の準備が進められます。

シールで遊ぶ男の子

新郎新婦は、お子様ゲストのためにシールやメガネなどのおもちゃを用意してました。

新婦のヘアアクセサリー

ヘアアクセサリー。
ゲストとしての持ち込みカメラマンにはポーズ写真を撮る時間がもらえないので、このような写真もできる限りプログラムの合間に撮っていきます。

ゲストのスピーチで笑う新婦

続いて、新婦側のゲストからのお祝いの言葉。

披露宴会場での乾杯

乾杯!
このタイミングで、会場内のカーテンが一斉に開きます。

持ち込みカメラマンは席に用意された料理を食べる?

マグナス東京の前菜

歓談と共にお食事もスタート。

他のゲストと同様に、持ち込みカメラマンの席にも食事が次々と運ばれてきます。
カメラマンによっては、新郎新婦のお色直し中に席について料理を食べるという人もいますが、私はその間もゲストの様子を撮り続けたいので、料理には手をつけずにお茶などの水分だけいただいています。
かといって、せっかく出された料理が手つかずで捨てられてしまうのも心苦しいので、開宴前に同じテーブルのゲストにご挨拶をするときに「もし私の分も食べられそうなら召し上がってください」と声をかけています。

式場カメラマンと持ち込みカメラマンを併用する場合は、事前に役割分担を

式場カメラマンによる記念撮影

歓談の時間には、高砂での記念撮影も。

今回は、式場カメラマンも披露宴撮影に入っています。
歓談中の高砂での記念写真は、基本的に式場のカメラマンが撮ります。
そのときに、持ち込みカメラマンの中には「式場カメラマンに続いて、自分も目線をもらった記念写真を必ず撮る」というスタンスの人もいますが、そうなると記念写真の撮影に2倍の時間がかかることになります。
結果的に、全てのゲストと記念写真を撮りきれなくなるだけでなく、記念撮影の合間にゲストと言葉を交わす時間もゆったりとれなくなる可能性が高まります。
そんな事態を避けるために、「式場カメラマンが目線をもらった記念写真を撮るのなら、持ち込みカメラマンは新郎新婦とゲストが歓談をしている自然な表情の写真を重点的に撮る」というように、事前に役割を決めて持ち込みカメラマンに伝えておくとスムーズです。

高砂で歓談する男性ゲスト

二人を囲むゲスト。

歓談しながら笑う新婦

やっぱり、ゲストと一緒にいるときが一番いい顔してます。

ケーキカットをする新郎新婦とゲストたち

続いて、ケーキカット。
式場カメラマンは二人の正面から撮っているので、私はそれ以外のポジションを移動しつつ、ファーストバイトまでの流れを撮っています。

ファーストバイトをする新郎

新郎から新婦へのファーストバイト。

ビッグスプーンを見て笑う新郎

続いて、新婦から新郎へ。
ビッグスプーンを前に苦笑いの新郎。

新郎へのファーストバイト

ファーストバイトを見て笑う男性ゲスト

ゲストも大喜び。

ゲストにサンクスバイトをする新郎新婦

続いて、二人がお世話になっているゲストを招いてのサンクスバイト。

サンクスバイト後に笑う女性ゲスト

いい顔。
一つ一つの動作の直後には、こんな風に表情が変わることが多いです。

中座のエスコート役としてインタビューを受けるお兄さん

ここで、新婦はお色直しのために中座します。
エスコート役に選ばれたのは、お兄さん。

お兄ちゃんと中座する新婦

お兄さんたちと腕を組んで退場します。
隣には、カメラマンの新郎の姿も。

新婦中座で笑うお母さん

そんなご兄弟の姿を見つめるお母さん。
家族席は高砂から最も離れた場所にあるので、新郎新婦からは家族の表情が見えにくいことが多いです。
だからこそ、なるべくご家族、特に親御さんの姿もたくさん残したいと思います。

高砂で談笑するゲスト

ここからしばらくは、高砂には新郎一人の時間。
新郎側のゲストが高砂に来てくれることが多いのですが、遠慮して来そうもない場合は、新郎からゲスト席に歓談に行っても大丈夫です。

ゲストに囲まれ笑う新郎

中座エスコート役としてインタビューを受けるお兄さん

ここで、新郎も中座。
エスコートをしてくれるのは、お兄さん。

お兄さんのスピーチで笑う新郎

お兄さんが語る幼少期のエピソードに大笑い。

微笑むお母さん

お母さんも、穏やかな表情で見ていました。

中座する新郎とお兄さん

二人で腕を組んで退場します。

お色直し前の衣装での記念撮影は、中座直後がラストチャンス

扉前に立つ新郎とお兄さん

この後会場の外に出たところで、式場カメラマンがエスコート役の方と一緒に記念写真を撮ってくれます。

新郎新婦は、中座後すぐにお色直しに向かいます。「白のドレスでお母さんと写真を撮っておきたい!」など、お色直し前の衣装でどうしても残しておきたい写真がある場合は、このタイミングでスタッフに相談してみましょう。時間にゆとりのない披露宴だと却下されることもありますが、大抵の式場では「1カットだけなら」とご家族を連れてきてくれることが多いです。

主役のいない会場内の様子を、どこまで撮ってもらう?

新郎新婦のいないこの時間帯の写真をどこまで重要視するかは、カメラマンの価値観によって大きく異なります。
「主役の絵になる写真が何より大事」というタイプのカメラマンだと、中座中の会場の写真をあまり撮ってくれないこともあります。先に述べたように、この時間にテーブルについてたまっている料理を食べるカメラマンもいます。
でも、フリータイムのこの時間帯のゲストは、意外と肩の力を抜いて楽しんでいるものです。そんな光景もたくさん撮ってもらえるように、カメラマンにお願いしておきましょう。

ゲストに挨拶をするお母さん

ゲストにご挨拶をする新郎のお母さん。

お母さんと談笑する女性ゲストたち

こちらは、新婦のお母さんと言葉を交わすゲストたち。

プロフィールムービーを見る新婦のご家族

二人の再入場前に、プロフィールムービーの上映。
このタイミングで、再度カーテンが閉まります。

再入場〜おひらき

再入場をする新郎新婦

お二人の再入場。
新郎が背負っているのは、ビールサーバー。
この後にフォトラウンドが続く場合には、新郎新婦は高砂には進まずに、直接ゲストテーブルに向かいます。

フォトラウンドでテーブルのピッチャーにビールを注ぐ新郎

各ゲストテーブルに、ビールを注いで回る新郎。

泡の多いビール

「ほとんど泡じゃん!」とゲストに突っ込まれたのも、きっといい思い出。

ゲストから口にビールを注がれる新郎

逆にゲストからビールを注いでもらう新郎。
スタッフに即止められちゃいましたが。

おつまみを配る新婦

新婦さんは、おつまみをゲストに配っています。

新郎新婦の横で微笑むお母さん

お母さんの表情は、二人の目に映っていたでしょうか。

フォトラウンドをする新郎新婦

ビールサーブの後に記念撮影。
ここでも目線をもらった写真は式場のカメラマンが撮っているので、私は歓談の様子や自然な表情をメインに撮っています。

フォトラウンドは、全てのテーブルのゲストと均等に言葉を交わせる貴重な時間

ゲストと歓談する新郎新婦

記念撮影の後には、ゲストとのご歓談も。

今回のお二人は、ゲストと言葉を交わす時間をゆったりとるために、余興のない披露宴を選びました。
もし披露宴にたくさんの余興を入れ込んだ場合には、時間にゆとりがなくなるので、フォトラウンドの際にゲストと言葉を交わす時間はほとんどなくなります。記念撮影を終えるとすぐに、次のテーブルに移動するようスタッフに促されるからです。
ご親族のように、高砂の新郎新婦と気軽に歓談することのできない人もいることを踏まえて、何を大事にするかを二人で相談しておきましょう。

サングラス姿で窓際に立つ男の子

新郎新婦からもらったメガネ。
気に入ったようです。

ケーキを美味しそうに食べる男性ゲスト

この日が誕生日だというゲスト。
メッセージの添えられたケーキを、嬉しそうに口に運んでいました。

新郎と談笑する男性ゲスト

新郎のお友達も…

談笑する新婦と女性ゲスト

新婦のお友達も、みんながにこにこと楽しんでいる披露宴でした。

お母さんへの手紙を読む新婦

ここから、披露宴はクライマックスへ。
親御さんへのお手紙。

新婦の手紙を聞くお母さん

新郎新婦からお母さんへの記念品贈呈

記念品の贈呈。

記念品を手に笑うお母さん

挨拶をする新郎

結びに、新郎からのご挨拶。

退場する新郎新婦とお母さん

新郎新婦とお母さんの退場。
この後のエンドロールムービーをお母さんにも観てもらう場合は、新郎新婦のみの退場となります。

エンドロールを見るゲスト

エンドロールムービーの上映。

ゲストを見送る新郎新婦

ゲストを見送る新郎新婦。

お見送りで笑う女性ゲスト

外でのロケーション撮影について

銀座の街でロケーション撮影をする新郎新婦

マグナス東京では、ゲストのお見送りの後に外に出て、銀座の街でロケーション撮影(新郎新婦のポーズ写真撮影)をしています。

この撮影も当然式場カメラマンが行うので、持ち込みカメラマンは同席できたとしても、式場カメラマンの撮影の邪魔にならない範囲で脇から撮る形になります。
上の写真は、式場カメラマンがレンズを付け替えている時に、目線をもらってささっと撮った一枚。

引き出物は持ち込みカメラマンに持って帰ってもらう?

ゲストである持ち込みカメラマンの席にも、他のゲストと同様に引き出物が用意されています。
このときはお二人のご意向で、私も引き出物をいただいて帰りました。

もし「カメラマンの分の引き出物は返してほしい」という場合でも、ゲストとしてカメラマンを持ち込んでいる以上、式場スタッフの前でそのようなやりとりはできません。
式場の外で、ご家族にカメラマンから受け取ってもらうなどの方法を取りましょう。

誓いの言葉を読み間違えて笑う新郎新婦
ヒルトン東京の結婚式を写真で解説!チャペル ラ・パール挙式
友人としての持ち込みカメラマンはバレる?式場の疑いをかわすポイント
おじいちゃんと談笑する新郎新婦
ホテルメトロポリタンエドモントの結婚式を写真で解説!クリスタルホールの披露宴
家族と記念撮影をして大笑いをする新郎新婦
アーフェリーク白金の結婚式を写真で解説!持ち込み禁止式場での披露宴撮影
バージンロード上の花びら
持ち込み禁止式場での挙式撮影|ゲスト席から動かずにどこまで撮れる?
持ち込みカメラマンによるアーフェリーク白金での集合写真シーン
外注カメラマンを友人として持ち込み!撮れる写真と撮れない写真