KAORU MATSUMOTO Photographer

アーフェリーク白金の結婚式を写真で解説!持ち込み禁止式場での披露宴撮影

家族と記念撮影をして大笑いをする新郎新婦

ウェディングフォトグラファーの松元馨(まつもとかおる)です。

持ち込み禁止の式場でも、カメラマンをゲストの一人として招待することによって、結婚式の撮影自体は可能になります。ただ、その場合はカメラマンはあくまでも1人のゲストとして動ける範囲で撮影を行うことになります。

前回ご紹介した挙式編では、「ゲスト席からの撮影」という大きな行動制限がありましたが、披露宴中はゲストとしてのカメラマンも自由に動きながら撮影することができます。

そこで今回は、ゲストとしてのカメラマンが撮った披露宴の写真をご紹介しつつ、持ち込み禁止式場ならではの注意点をお伝えしていきます。

(挙式編はこちら↓)

開宴〜中座

カメラマンの席はどのテーブルに入れるべき?

アーフェリーク白金での高砂

披露宴会場オープン。カメラマンをゲストとして招待する場合、他のゲスト同様に席・食事・引き出物を用意することになります。

カメラマンの席を親族テーブルに入れると、そのカメラマンも親族紹介や親族集合写真に同席するよう式場に求められてやっかいなことになります。カメラマンの席は新郎新婦の友人テーブルに入れて、該当テーブルのゲストにはあらかじめ事情を伝えておくのが一番スムーズでしょう。

披露宴会場オープン後のゲスト

談笑しつつ、新郎新婦の入場を待つゲスト。

披露宴で入場する新郎新婦

いよいよ開宴。新郎新婦の入場です。

入場する新郎新婦を笑顔で見つめるお母さん

挙式中にあまり撮れなかった分、ご家族の表情も要所要所で撮っていきます。
披露宴会場では、高砂から最も離れた場所に親族席が設けられるので、お二人からは家族の表情が意外と見づらいんです。

男性ゲストによる祝辞

新郎挨拶に続いて、ゲストを代表してのお祝いの言葉。

高砂で笑う新郎新婦

高砂の二人もいい顔。
一ゲストである私ですが、高砂の周りを自由に動きながら撮っています。

アーフェリーク白金での乾杯

ゲストのご発声で乾杯。

式場カメラマン+持ち込みカメラマンの両方が入る場合は、役割分担をしておこう

高砂で友人と談笑する新婦

お食事と共に、歓談スタート。今回は、披露宴にも式場専属カメラマンが入っているので、私の方ではカメラ目線の記念写真は撮らずに、新郎新婦がゲストと歓談する自然な表情を主に撮っています。

持ち込むカメラマンによっては、「たとえ式場専属カメラマンが記念写真を撮っていても、自分も同じ記念写真を必ず撮る」という姿勢の人もいます。ただ、その場合は各記念撮影に2倍の時間がかかることになります。そうなると、結果的にゲストとの歓談の時間が減ってしまうんです。
なので、「式場カメラマンは目線をもらった記念写真」「持ち込みカメラマンは歓談中の自然な表情メイン」のようにざっくりと役割を分担しておくことをお勧めします。

ゲストとの歓談が落ち着いたら、ご家族にも高砂に来てもらおう

高砂で家族と談笑する新婦

高砂には、お父さんお母さんの姿も。

ご家族・ご親族は他のゲストに遠慮をして、高砂には来づらいものです。もしゲストとの記念撮影が落ち着いたら、式場のスタッフに声をかけて連れて来てもらってもOKです。
結婚式の一日の中で、新郎新婦とご親族とがのんびり言葉を交わせる時間は意外と少ないので、遠くからきてくれたご親戚の方もきっと喜んでくれると思いますよ。

家族写真については、下の記事も参考にしてください。

アーフェリーク白金でのケーキカット

ケーキカットは、ガーデンのプールサイドで。

アーフェリーク白金でケーキカットをする新郎新婦の後ろ姿

幻想的な雰囲気。
ケーキカット中は、ちょっとしたスペースを見つけてこまめに動きながら撮っていきます。

新婦から新郎へのファーストバイトファーストバイトの写真を見て笑う新郎家族

こちらは新郎のご家族。どんな写真が撮れたのでしょう。

アーフェリーク白金でのサンクスバイト

続いて、お友達へのサンクスバイト。

ファーストバイト後のケーキ

けっこう減ってる!

ウェディングドレスでの記念撮影のラストチャンスは中座直後

アーフェリーク白金での新婦中座

ここで、お色直しのために新婦は中座します。
エスコート役に選ばれたのは、お母さんとお姉さん。

新婦中座で笑うお父さん

席で見守るお父さんも嬉しそうでした。

この後新婦はドレスチェンジに向かいます。「ウェディングドレス姿でまだ家族写真を撮れていない!」ということであれば、会場を出た後にスタッフに伝えて家族を連れて来てもらいましょう。

アーフェリーク白金での新郎中座

続いて新郎の中座。お母さんにエスコートされて退場します。

主役のいない会場の様子をどこまで撮ってもらう?

ゲストと談笑する新郎の家族

ご家族はゲストテーブルをまわってご挨拶へ。

新婦家族と談笑するゲスト

お友達もいい顔してます。

主役がいない会場の写真をどこまで重視するかはカメラマンによるのですが、この時間帯のゲストは意外とリラックスをして楽しんでいることが多いです。また、ご両親がお友達と談笑している姿なんて普段は中々見られない貴重な光景ですよね。
そんな場面もなるべくたくさん残してもらえるように、カメラマンにお願いをしておきましょう。

談笑する両家の家族

両家のご家族がそろって大笑い。後で二人にもこの光景を見てもらえたらいいな、と思いました。

再入場〜おひらき

ベリーダンサーに囲まれながら再入場をする新郎新婦

ベリーダンスを習っている新婦さん。ダンサー仲間との再入場。

全てのゲストとバランスよく歓談したければ、フォトラウンドの時間に余裕をもたせよう

ゲストと記念撮影をする新郎新婦

続いてフォトラウンドです。フォトラウンドとは、新郎新婦がゲストテーブルを順番にまわりながら記念撮影をするプログラムです。

フォトラウンド=記念撮影というイメージが強いかと思いますが、全てのテーブルのゲストと言葉を交わせる貴重な時間でもあります。
高砂での歓談はどうしてもゲストグループによって高砂の滞在時間に差が出てしまいます。一方で、フォトラウンド中は新郎新婦の各テーブルの滞在時間に大きな偏りが出ないように式場のスタッフが管理してくれます。「みんなと話したい!」という人は、フォトラウンドの時間に余裕をもたせておくことをお勧めします。

フォトラウンドについては下の記事もご覧ください。

ラウンドフォト直後に談笑する新郎新婦とゲスト

フォトラウンド中も、カメラ目線の記念写真は式場専属カメラマンが撮っているので、私は新郎新婦とゲストとの触れ合いの様子をメインに撮っています。

新郎新婦と談笑する男性ゲスト

2人を迎えるゲストも楽しそう。

家族と記念撮影をして大笑いをする新郎新婦

ご家族テーブルでは、撮影直後に大笑い。

拍手を受けるダンサー

続いて、新婦のダンスの先生によるベリーダンス。

ベリーダンスを見つめる高砂の新郎新婦
ベリーダンスを見つめるゲスト

見守るのはダンスの仲間たち。

新婦からお礼の花束を受け取るダンサー

お礼の花束をプレゼント。

アーフェリーク白金のデザートビュッフェオープン前

ガーデンに面したカーテンが開くと…

アーフェリーク白金のデザートビュッフェオープン

新郎新婦がデザートビュッフェのオープンをアナウンス。ここからは、デザートを楽しみながらの歓談の時間になります。

アーフェリーク白金のガーデンで記念撮影をする新郎新婦

ガーデンで記念撮影も。

手紙を読む新婦

披露宴はクライマックスへ。新婦さんからご両親へのお手紙。

手紙を読む新婦を見つめる両親
記念品を両親に渡す新婦

記念品のプレゼント。

記念品を受け取って涙を流すお母さん

お父さんの挨拶で笑う新郎新婦

続いて、お父さんからのご挨拶。

お父さんの挨拶を聞きながら涙する家族謝辞を述べる新郎

新郎からもお礼の言葉。

新郎の謝辞に耳を傾けるお母さん

披露宴で退場をする新郎新婦

披露宴はおひらきに。新郎新婦の退場です。

アーフェリーク白金でエンドロールムービーを見るゲスト

新郎新婦が外でお見送りの準備を進める間、会場内ではエンドロールムービーが上映されます。

アーフェリーク白金でゲストを見送る新郎新婦

ゲストのお見送り。どこかホッとした表情のお二人。

新郎新婦に見送られる家族

ご家族も笑顔で式場を後にしました。

ゲストたちとグラスを掲げる新郎新婦
ホテルニューオータニの結婚式を写真で解説!アッザレーアの披露宴
ゲストが紙粘土で作った作品を見て困惑する新郎新婦
ホテルニューオータニの結婚式を写真で解説!芙蓉の間での二次会
家族写真撮影中に吹き出す新郎新婦と家族
意外と撮り忘れる「家族写真」は結婚式のどのタイミングで撮る?
100カットじゃ足りない?カット数別に写真を見比べてみよう
式場カメラマンと持ち込みカメラマンの両方をうまく使うコツ
窓際でベールを下ろしブーケを手に笑う新婦
ホテルニューオータニの結婚式を写真で解説!チャペルプリンチパーレ挙式