余興なし歓談メインの披露宴をみんなに楽しんでもらうために

ウェディングフォトグラファーの松元馨(まつもとかおる)です。

歓談メインの披露宴を考えている花嫁さんの中には、「ゲストにとって退屈な時間にならないか」と不安になる人もいるようです。

そこで今回は、歓談メインの披露宴をお二人だけでなく、ゲストにもご家族にも楽しんでもらうためのポイントを、環境面・プログラム面に分けてお伝えします。

ゲストにとって近寄りやすい高砂とは?

ホテルの大宴会場の高砂は、ゲスト席よりも高さがあり、豪華なお花で彩られています。
目立つ高砂では主役は映える一方で、ゲストにとっては足を踏み入れるときの心理的なハードルが高くなります。

もしゲストに気軽に行き来してもらいたいのなら、ゲスト席と同じ高さのシンプルな高砂をお勧めします。

下の写真では、右手にある窓際の席が高砂です。

披露宴会場ビクターズ

お花が飾られている以外は、その高さも大きさもゲスト席とほとんど変わりません。

この披露宴の歓談の時間には、ゲストが自席と高砂との間を気軽に行き来してお二人との歓談を楽しんでいました。

女性ゲストに触られる新婦 新郎とグラスを合わせるゲストたち

加えて、高砂とゲストテーブルの間もお互いの声が簡単に届く距離になっているので、歓談以外の時間(着席の状態)でも気軽に言葉を交わすことができます。

そばのテーブルのゲストと目を合わせて笑う新婦


カジュアルな披露宴で高砂の自由度がより高い場合は、テーブルクロスを使わず、お花などの飾りを正面ではなく左右に配置することで、より身近なイメージになります。

高砂の緑


更にゲストとの距離を縮めるために、高砂自体をなくした人もいます。
下の写真の披露宴では、高砂の代わりに、各ゲストテーブルに新郎新婦の席を用意して、一緒にお食事をしながら歓談を楽しんでいました。

乾杯をする新郎新婦とゲストたち

全てのゲストグループとバランスよく歓談するには?

歓談メインの披露宴がゲストにとって退屈に感じられる一番の原因は、全てのゲストグループが公平に新郎新婦と歓談できるような配慮がされていないことです。

高砂での歓談の盲点

ゲストが新郎新婦の元にやってくる「高砂での歓談」は、ゲスト目線で考えると少し気になる特徴があります。

  • グループによって高砂にいる時間の長さが異なる
  • ゲストは新郎新婦と歓談しながらも、次に待っているグループを気にしなくてはならない
  • 高砂から遠く離れた席にいるご親族が行き来しづらい

これらの不安要素を解消できるのが、新郎新婦からゲストの元に出向く「ラウンド」形式の歓談です。

フォトラウンド中に男性ゲストと談笑する新郎新婦

ラウンド形式なら、全グループと均等に歓談できる

「ラウンド」とは、新郎新婦がゲストテーブルに出向き、ご挨拶をして回るプログラムです。
その代表格が「フォトラウンド」と呼ばれる、各ゲストテーブルでの記念撮影。
ゲストテーブルで写真を撮った後は、束の間ですが各テーブルのゲストと言葉を交わすことができます。

この「ラウンド中の歓談」が「高砂での歓談」と大きく違うのは、式場のスタッフが各ゲストテーブルでの歓談時間を客観的な目で区切ってくれるところ。
お二人が全てのテーブルのゲストと均等に歓談できるように、スタッフが頃合いを見て次のテーブルへの移動を促してくれます。

ゲストにとっても後に続く他グループを気にする必要がないので、心置きなく歓談の時間を楽しむことができるのです。


また、高砂には行きづらいご家族・ご親族も、ラウンドの時間にはゲストと同じようにお二人との歓談を楽しむことができます。

家族と記念撮影をしながら大笑いする新郎新婦


これらのメリットを踏まえて、高砂での歓談だけでなく、フォトラウンドの時間にもゆとりをもたせておくことをお勧めします。

中には「フォトラウンドに時間をかけると、待っているゲストを退屈させるのでは?」という声もありますが、心配しなくて大丈夫。
全てのテーブルのゲストが同じようにゆったりとお二人との歓談を楽しめたなら、ちょっとした待ち時間のことなんてすぐにどこかへ吹き飛んでしまうと思いますよ。

歓談以外のプログラムはどの程度必要?

これまでに私が撮影してきた歓談メインの披露宴では、プログラムを入れるとしても「乾杯」「ケーキカット」「ゲストのスピーチ」「プロフィールムービー」「テーブルインタビュー」「ご両親への手紙・記念品贈呈」くらいという人が多いです。
みんなと言葉を交わす時間を大切にしたいのなら、間延びを心配してあれこれプログラムを詰め込む必要はありません。

テーブルインタビューは、スピーチよりも会場全体で楽しみやすい

テーブルインタビューとは、各テーブルのゲストに司会者がインタビューをし、新郎新婦との思い出を聞かせてもらうというもの。
一人のゲストがお祝いの言葉を述べるスピーチと比べてゲストの負担が軽くなります。
また、司会とゲストとのキャッチボール形式になるので、会場全体で楽しむ空気を作りやすいのも、テーブルインタビューの特徴です。

新婦を笑顔で見つめながら思い出を語る女性ゲスト

その場に二人がいるだけで、プロフィールムービーがより楽しくなる

プロフィールムービーは、新郎新婦のお色直し中に上映されるのが一般的です。
このムービー上映のタイミングを早めて、お色直し前(披露宴前半)にもってくると、新郎新婦もゲストと一緒に会場で観ることができます。
ゲストはスクリーンに映し出される懐かしい思い出を、同じテーブルのゲストだけでなく、高砂の新郎新婦とも共有して笑い合うことができるので、主役のいない場での上映よりも楽しい時間になります。

更に、プロフィールムービーの直後に歓談の時間を入れると、上映されたばかりの「あの頃の思い出」でも話が盛り上がりますよ。

サプライズムービーを見て笑う新郎新婦

ゲスト同士の距離を近づける工夫

余興のない披露宴では、他グループのゲストは「見知らぬ他人」のまま

披露宴の余興には、場を盛り上げるだけでなく、会場内のゲスト同士の距離を近づける効果もあります。
例えば、ダンスの余興をすれば会場が一体となって手を打ってくれますし、観ている方も「新郎新婦にはこんな友達がいるんだ」と知ることができます。

拍手を受けるダンサー


余興のない披露宴で、ゲスト同士を無理に接触させる必要はありませんが、さりげなくお互いを知るためのひと工夫をしてあげることで、ゲストにより楽しんでもらえた例もあります。

新郎新婦によるゲスト紹介

少人数のアットホームな披露宴でお勧めなのが、新郎新婦によるゲスト紹介。
一人一人のご親族やゲストを、新郎新婦がマイクで紹介するプログラムです。
お話するのは、その人柄・思い出など何でも構いません。
新郎新婦の口から紹介されるだけで親近感が増すのか、その後のちょっとした空き時間に異なるグループのゲスト同士の交流が生まれることもあります。

席次表に紹介コメント

ゲストの人数が多いと、新郎新婦がゲスト全員を紹介する時間はとてもとれません。
それでもお互いを少しでも知ってほしいということで、席次表の中に各ゲストの紹介コメントを加えた人もいました。
例えば、「見た目は怖いが実は優しい父」のような微笑ましいものから、「クールな松岡修造」「美味しいラーメン屋はこの男に聞け!」のように、会ってみたい、話してみたいと思わせるような紹介まで、その内容は様々。
人数分のコメントを考えるのは大変ですが、その分ゲストが席次表を眺める時間にちょっとした楽しみを加えることができます。

新郎からのメッセージカードを読んで笑う男性ゲストたち

歓談メインの披露宴は、写真的につまらなくなる?

当日が近づくにつれて、「絵になる場面が少なく、つまらない写真になるのでは?」と不安になる人もいるようです。

余興のない披露宴の写真を赤の他人が見たら、確かにつまらないと感じるかもしれません。
絵になる派手な余興の方が、SNS映えはするでしょう。

でも、ゲストとの触れ合いの時間を大事にしようとしている花嫁さんの多くは、そんな写真を求めているのではない気がするんです。

あなたと言葉を交わして笑っている友達の表情。
遠くから来てくれたおじいちゃんの笑顔。

他人にはその価値がわからなくても、ご本人にとってはきっと「意味のある写真」になると思いますよ。

プチギフトを手に嬉しそうに笑うおじいちゃん

カメラマン選びのポイント

美化されていないありのままのカメラマンのスキルを把握するために

依頼を決める前に、検討中のカメラマンに「過去に撮った歓談メインの披露宴写真」を見せてもらうのが、一番イメージをつかみやすいです。
その際に、カメラマンが選んだベストショット集ではなく、「一組の新郎新婦に納品された全データ」を見せてもらうこと。
全データの確認には、次のメリットがあります。

  • 美化されていないありのままのカメラマンのスキルを把握できる
  • メインプログラムの合間に、カメラマンがどんな光景に目をとめているかがわかる
  • 新郎新婦だけでなく、ご家族やゲストをどれくらい撮っているかがわかる

また、写真の中の新郎新婦やゲストが、「カメラを意識せずにどれだけ自然な表情でいるか」もチェックしておきましょう。
余興で盛り上がっている会場ではカメラマンの動きが目立たなくても、穏やかな歓談の場では「撮られてる…」という意識が強まることがあります。
「なるべく意識させずにゲストとの触れ合いの時間を残す力」は、歓談メインの披露宴におけるカメラマン選びの大切なポイントです。

ゲストと談笑する新婦

写真内のクレジットが目立つカメラマンを選ばない理由

最後にもう一つ、カメラマン選びのポイントを。
ここからは、明確な根拠があるわけではない主観的なお話です。

もし私がカメラマンを探すとしたら、ネットで公開している写真の中に「大きく撮影会社名(クレジット)を入れている人」は選びません。
無断転載を防ぐためにクレジットを入れるにしても、さりげない大きさにとどめている人がいい。

クレジットの目立つ写真からは「写真の中の光景を尊く思う気持ち」が感じられず、「これは俺が撮ったんだぞ」という自己アピールが先立っている印象を受けてしまうんです。

私が好きなウェディングフォトグラファーに、Kevin Mullins(ケヴィン・ムリンズ)という人がいます。
この人は、「できるだけ会場のゲストに溶け込み、撮られていることを意識させずに自然な表情を残すこと」を大切にしているカメラマンです。

ケヴィン氏のサイトを見てみると、彼の写真にもクレジットは入っています。
でも、その大きさは「よく見たら名前があった」という程度のもの。
このさりげなさは、写真の中の自分の存在をなるべく目立たせたくないという思いの表れでしょう。

撮り手のことよりも、「写真の中のふとした瞬間の光景、そこに映っている人の感情」に思いを馳せてほしい。
あなたがそんなカメラマンに出会えることを願っています。